「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

台湾学生の示威行動について-2

 昨3月31日、立法院議場占拠に続いて、今度は総統府周辺に主催者側発表で50万人以上、警察発表でも11万6千人もの学生達が集結、「中台サービス貿易協定」の撤回を掲げて抗議行動に出た。

 これが半世紀も前なら、2.28事件の如く国民党政府が全土に戒厳令を布告し、軍隊を総動員して大弾圧を展開する所だが、李登輝政権以降、2.28事件の総括を含む「歴史の見直し」と民主化の進展した現在の台湾社会に於いては、人口比で少数派の外省人系国民党政権に最早(もはや)その選択肢は無いだろう。

 馬英九(マー=インヂウ)総統にとっては、国家元首として抗議に屈する事無く強行突破を図るか、「民意」を受け容(い)れて翻意するかの二つに一つしか無い。

 どうしても中国とは一緒になりたくない ──

 民族を異とする高砂族(ポリネシア系高地民族)は扨置(さてお)き、支那大陸にルーツがあり、言葉も公用語として同じ北京官話を話す内省・外省人系にとっては、「民族としてのアイデンティティ」の観点から、中国(支那)と一緒になっても良さそうなものをと思う方々もおられるやもしれないが、さに非ず。

 国号が「中華民国」にしろ「台湾共和国」にしろ、大陸中国とは異なる体制の独立主権国家に住み、大陸の様に共産党政権の顔色を窺(うかが)って言いたい事も言えない様な体制等まっぴら御免な台湾公民にとっては、中国に主導権を握られての経済的統合の次に当然来るであろう政治的統合 ── 両岸統一等正に悪夢以外の何ものでも無いだろう。

 今回、抗議に集結した学生達には暴動に発展する様な醜態を決して国際社会に見せ付けない理性的行動を、又、抗議を受けた側の政権側は嘗ての2.28事件同様の「闇黒の歴史」を繰り返す事等決して無い民主体制堅持を強く求めたい。

 そして、台湾の友邦に暮らす一人の友人として、学生達が求めている「中台サービス貿易協定」の撤回を馬英九総統が決断し、台湾が、中国では無い台湾として、今後も自主独立が堅持される事を強く願っている。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2014-03-31 21:00 | Comments(0)  

台湾学生の示威行動について-1

 中台の貿易協定に反対して立法院の議場を占拠した台湾の学生のパワーには驚くものがある。

 学生が乗り出すに至ったのは、政府への反対勢力が糸を引いているのか、学生独自で行っているのかは知らないが、政府側に早期収拾の策がないというのも不思議な感じを受ける。

 中国に対する不信の念がここ迄に至らせたものとすれば、歴史の教訓を学習し、実践したものというべきであろう。

 日本人は日台の異なる事情を踏まえ、台湾学生の決起の趣旨を理解し、温かく見守ることが必要である。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2014-03-29 22:48 | Comments(0)  

大震災三周年に思う

 3年を経た大震災が様々な角度から報道されるのを見聞きするに、人間は怨念を中々消し去ることの出来ない存在であるとつくづく思う。

 ものを言わぬ動物と異なり、人間には苦しみを訴える術(すべ)として、ありとあらゆる手段がある。

 苦しみを乗越えて、解脱する段階は尊く目に映るものの、解脱した後は何事もなかったように見える。

 天災・人災共に忘却の彼方(かなた)に押しやることこそ苦しみから脱却する唯一の捷径(しょうけい)である。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2014-03-14 16:07 | Comments(0)