<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

「王院長関説事件」について

 本28日の日経朝刊「プラス1」13面にある「中文塾」によれば、問題となっている王金平氏の「関説」(口利き)は、「大陸では説情と表現するのが一般的」だが、関説事件が「台湾を揺るがし続け、その情報が流入したため、大陸でも定着しかねない気配となっている」という。

 「関説」は『史記』にも登場する表現とのことで、原文を調べてみると、梁孝王世家の二十九年十一月のところに一箇所あったのみで、他に見出すことは出来なかった。その後多用されたのかは知らない。いずれにせよ、かかる「歴史のある表現」を使うところは台湾らしい。

 人間世界では如何なる分野でも、口利きなしに物事が円滑に進むことはなく、上記記事では、「王院長も粘り強く抵抗していて、決着にはほど遠い。関説はますます普及しそうだ」とあるが、表現がクローズアップされていることは興味深い。

 中台同時進行の内部抗争の行方は如何に。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2013-09-28 22:01 | Comments(0)  

台湾立法院長の失職一時回避について

 11日に国民党による党籍剥奪処分を受けた王金平立法院長が台北地方法院に党籍維持の仮処分を申立て、13日にこれが認められたが、国民党は近く抗告するという。

 台湾でもかかる権力闘争が行われているとは、発展途上国の状況を思わせるようで、良い感じはしない。

 考えてみれば、確かに国際機関の総会に台湾が呼ばれる等のメリットはあるものの、台湾の現政権は余りに中国に擦り寄り過ぎて、台湾独自の政治風土が失われて行くかの如き印象もある。

 台湾立法院長の件が円満に解決することを願うのみである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2013-09-14 20:37 | Comments(0)