「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

解散・総選挙について-2

 総選挙の日付が確定したことにより、テレビの討論番組が面白くなって来たのは結構なことであるけれども、商店主の呼び込みよろしく、表面的な政策のみを競い合うのは如何(いかが)かと思われる。

 国威発揚と経済回復を同時に行わねばならぬところに新政権の舵(かじ)取りの困難さがあるが、政治家自身が評論家に徹している趣(おもむき)があるのは困ったものである。

 今は手の内を明かさず、政権担当後に徐々に信用を得て行くといった形が望ましく、そのためには或(ある)程度の政策上の矛盾点や社会各層の犠牲は止(や)むを得ない。

 日本再生はかなり先のことになるものの、試行錯誤の過程に漸く入ることが判明しただけでも大きな進歩というべきである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2012-11-23 21:23 | Comments(0)  

解散・総選挙について-1

 党首討論における野田首相の解散の日付明示により総選挙が一層近まって来たのは大変結構なことである。

 世の中に漂う「澱み」を一掃するには総選挙しか残されていないが、新たに政権を担当する党も首相も何れはかなりの苦境に陥ることが予想される。

 民主党政権の3年で社会の内部矛盾が更に炙り出され、解決すべき課題が指摘されるだけで、目に見えた進捗の段階に入っていないように感ずる。

 政界全体が早期に禊を受け、再出発することを切望する次第である。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2012-11-14 21:30 | Comments(0)