<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

親日嫌中


台湾の若者の「親日嫌中」が明らかに、調査で
「日本は友好的」「中国は非友好的」―SP華字紙

Record China 11月25日(金)11時35分配信

 2011年11月24日、台湾の若者にとって「最も友好的な国」は日本で、「最も非友好的な国」は中国であることが分かった。シンガポール華字紙・聯合早報が台湾紙・中国時報(電子版)の報道として伝えた。以下はその内容。
 台湾の社会福祉団体「金車教育基金会」が高校・大学生を対象に実施したアンケート調査で明らかになった。それによると、「台湾に最も非友好的」な国について、87.9%が「中国」と回答。反対に「台湾に最も友好的な国」では、56.1%が「日本」と答えた。台湾の若者の「親日嫌中」ぶりが浮き彫りとなった。
 歴史的な恨みから中国人はほぼ全員が「反日」だ。台湾も強権政治時代は反日教育が施され、中台は内戦状態にありながらも「日本への敵視」という点で一致していた。だが、台湾が民主化され、「台湾人意識」が強まってくると、日本への敵意は薄れ、彼らにとって日本人は良き友人へと変化していった。
 台湾の若者は日本を「最も友好的な国」だとしているが、実際に日本が台湾に対して友好的であるとは限らない。アンケート調査の結果は単に「台湾人の日本に対する友好」を示したものだ。台湾人の「親日」ぶりは今さらいうまでもない。東日本大震災で台湾の民間から贈られた義援金の額が世界最多だったことからもよく分かる。
 中台の日本に対する認識は全くの正反対だといえる。中国は台湾のこうした「敵と味方を取り違えた」行動を苦々しく思っているに違いない。だが、中台は「同文同種」の血縁関係にある。どんなに「台湾人意識」が強い人でも中国本土の人々に対する思いは特別なはずだ。
 それを証明するように四川大地震の時の台湾からの義援金もやはり世界最多だった。中台はいざとなったら兄弟のように助け合う関係なのである。だが、中国共産党は「血は水よりも濃い」を政治の道具にし、「統一」を促そうとしても反感を買うだけだ。こうした人心を得ない対台湾政策を早急に改めなければ、中台関係はますます疎遠になっていくだろう。(翻訳・編集/NN)

URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111125-00000013-rcdc-cn


 日本と「中国」(支那)は互いに漢字を用い、東亜細亜に於ける黄色人種であり、更には永年、儒教に慣れ親しんできた国である事から、「同文同種」であるとよく言われる。然し、実際には言語一つ採っても文法は全く異なり、文化と価値観には大きな隔たりがある。それに対し、「中国」と台湾は共に支那文化圏に属し、言語も公用語は北京語だ。詰まり、日本と「中国」の間柄よりも、余程「同文同種」であると言えよう。それにも関わらず、台湾人にとって最も友好的な国(国民)は何処か?と言う問いに対し、台湾の若者は「日本」と答えた。因みに、最も非友好的な国は「中国」、次点は韓国だったそうだ。

 経済面で中台接近がよく説かれるが、現実はそう簡単にはいかない。互いに言葉が通じない日本と台湾が国交を樹立し同盟関係を築く事はあっても、経済力・軍事力にものを言わせて「中国」が台湾に統一話(「統一」と言えば聞こえは良いが実際には「併合」)を持ちかけても、相手を「最も非友好的な国」と見做している台湾がそれに応じる事は現時点では先ずあり得ない。いや、たとえ政府がそれを強行しようとした所で、台湾人自身がそれを看過する事は無いだろう。

正に、「中国」の「骨折り損のくたびれ儲け」と言えるだろう。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2011-11-29 22:04 | Comments(1)  

税制抜本改革について

 野田内閣発足以来、消費税率上げの件は着々と準備が固まって来ているように見えるものの、税制抜本改革を通じた財政再建への意気込みは感ぜられない。

 財政上の付け替えに過ぎないとも言える事業仕分けに新鮮味がなくなった今、残るは大盤振舞で破綻している欧米の例を持ち出して一大キャンペーンを打つことである。

 十分な内部留保のある企業が焦らないように、個人レベルで言えば、金で苦労していない幸せ者は国家財政破綻に実感が湧かないことであろう。

 天災はもとより、維新や敗戦といった大きな変動がなければ対応しないのが人間の心情ではある。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2011-11-24 18:18 | Comments(0)  

台湾総統選について

 昨21日から台湾総統選の立候補者届出が始まり、親民党の宋氏の動向が注目されている。宋氏と言えば、事ある毎(ごと)に話題を作って来た人物だが、70歳であれば野心は未だ失せず、であろう。

 台湾の総統選は一筋縄では行かず、もつれ込む公算が強い。投開票迄2ヶ月を切った今、如何(いか)なる展開があるのか興味がある。

 ところで、米大統領選の前段階の共和党候補の競争は混沌としている。本命が本命ならず、而(しか)して本命のようでもある。収斂(しゅうれん)の過程は見物だが、何時(いつ)もの通り、無駄なエネルギーを費やしている観がある。足を引っ張り合うのは台湾の総統選にも些(いささ)か類似点がある。

 台湾の馬政権のこの4年間は台湾の歴史の中で後年如何(いか)に評価されるのだろうか。それも選挙の結果次第である。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2011-11-22 20:52 | Comments(0)  

日米中台の動向について

 大震災以降、日本国の政治の動揺を十分に経験した国民は各種の異議申立を行うのは少数者に任せておく術(すべ)を一層身につけて来ている。

 経済が手詰まりとなって来ると他に活路を求める米中首脳の得点稼ぎの姿勢は確かに危ういが、それに乗じた日本外交には一定の成果があることだろう。

 台湾は対中関係で一線を越えると必ず引き締めがあるのは自明の理であり、制約はあるものの、何とか智恵を出して行くことが求められる。

 日本国民は今後共跳ね上がった投票行動は控え、状況を改悪させることのないように努めねばならない。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2011-11-20 22:18 | Comments(0)  

読売記事について-2

 生活保護急増の裏には失業増があり、医者不足の背景には高齢社会に伴う患者増がある。また、年金財政の先行きには丼勘定のイメージから来る根強い不信感がある。

 消費税上げの雰囲気作りと福祉優遇批判キャンペーンとはワンセットであるが、誰もこれを真っ向から否定出来ない。TPPの是非に至っては国民は蚊帳(かや)の外である。

 全ては公的なものへの期待・依存から生まれるのであり、その期待・依存から脱却すれば、何ということもない。

 社会現象における淘汰の継続には痛々しいものがある。福祉行政の恩恵に与らない明るい老後を目指しつつ、日々精進したい。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2011-11-10 20:47 | Comments(0)  

読売記事について

 本8日の読売朝刊に連載第1回「急増 生活保護 受給200万人働き盛りも 自立に結びつかず」があった。

 勤め人も自営業も決して楽ではない社会の状況となり、嘗ては一般人をして眉を顰めさせた生活保護受給も軈ては当り前の時代となって行くのだろう。

 公共投資として消費の維持に一役買うと共に監視下に置き犯罪を防止するという副次効果はあるものの、「自立に結びつかず」というのは考え物である。

 国家・企業・個人、監視対象となるのは関係者にとって恥である。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2011-11-08 19:41 | Comments(0)  

欧州債務問題について

 同床異夢の欧州各国の統合は結局破綻を招き、陰鬱なる論調の記事を目にしない日はない。

 入るを量りて出ずるを制す、の基本原則を守らぬがための咎であり、誰を責めるべきか。国のリーダーか国民か。

 理想論・精神論を持ち出しても解決しない。強硬な損切りが出来ないのが諸悪の根源である。

 中道左派の目指す国づくりとはかくの如きものであった。月並な表現だが、日本にとって「他山の石」である。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2011-11-02 21:11 | Comments(0)