<   2011年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

「中国」高速鉄道事故に思う

 此処に書くのも呆れる程の体たらくを見せ付けた「中国」(支那)の高速鉄道事故だが、それでも何かしら書かざるを得ないのが私の悲しい性(さが)であろうか。

 この事故の前、「中国」は日本とドイツの技術供与を受けて実現した自国の高速鉄道に関し「独自開発」を強弁。あろう事か、米国に於いて特許申請をすると言うニュースが日本をはじめとする世界を駆け巡った。まあ、ガンダムやらディズニーやら、将又(はたまた)ベンツからiPadに至る迄、他国製品の数々を平然と模造して止まない「お国柄」であるから、今更驚くに値しなかったが、今回の鉄道事故で「中国」が自業自得と言うか、ジレンマに陥ったであろう事は想像に難くない。

 前述の通り「独自開発」を強弁した高速鉄道技術は日独をはじめとする外国の技術の「借用」」であり、到底「独自開発」等と言えた代物では無い。然し、その「独自開発」したと称する高速鉄道に於いて甚大な事故が起きた。

 他国からの技術供与を素直に認めていれば、供与国に責任転嫁する事も「中国」であれば出来たであろう。然し、「独自開発」を強弁してしまった以上、今更、供与国の責任を追及する事は出来ないし、ましてや、事故原因の検証や場合によっては「無償補修」(リコール)を要求する事すら出来ない。正に自業自得の一語である。然も、その「独自開発」した世界最先端の高速鉄道が世界中に配信された程の甚大な事故を起こしたのである。今更、何処の国が好きこのんで危険な技術を金を出して買うであろうか? 答えは否(いな)である。

 結論から言えば、「中国」が高速鉄道網を全国に敷設、運用するには些か早過ぎたとしか言いようが無い。ましてや、日本の新幹線が永年試行錯誤とたゆまぬ技術研究開発の蓄積の上に成り立っているものを、たかだか数年で実現しようとした所に抑も無理があった。更には、「開発ありき」が先行し、安全・安心な運行を司るソフト面や、人命尊重の倫理面が欠如した儘では、第二、第三の「温州事故」が起きるであろう事は目に見えている。

 その様な訳で、私は「中国人民」にこう問い掛けたい。

高速鉄道など、呉々も利用しないように!

と。
竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2011-07-31 22:14 | Comments(0)  

国家崩壊について

 今の社会は日々余りに情報が錯綜して消化不良となりそうである。腹芸・玉虫色といった言葉が死語となりつつある。

 日本の原発問題はもとより欧米、中国共もそれぞれ問題を抱えており、隣の芝生が青く見えなくなって来た。台湾における収賄事件などは小さすぎて取るに足らないレベルである。

 メディアに情報加工の余地が残されているとはいえ、これ程情報が飛び交う時代に、各国の政党、リーダー達は本当に統治能力を有しているのだろうか。

 また、統治能力を失ったような国家では各地域が自己主張を始め、物事がまとまらなくなる。洗脳された国民に支えられた指導部の迷走は国家崩壊の序曲であり、バブル崩壊同様、先進国では日本が先行することになるやも知れぬ。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2011-07-30 23:39 | Comments(1)  

解散総選挙について-4

 どうやら「やぶれかぶれ解散」はないような雲行きとなって来た。確かに自党の解体につながる選挙を民主党執行部が認める訳には行かない。

 これからも民主党の内部闘争に終始し、菅首相の延命期間の長短が如何であれ、政権交代はかなり先のこととなる。

 それにしても、自民党に策士がいないのが悔やまれるが、策士抜きで行くのが日本の美風ではなかろうか。

 他国のことを心配する余裕のない日本は、解散総選挙の日まで「隠忍自重」するほかはない。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2011-07-27 21:19 | Comments(0)  

江沢民氏について

 「雲上人」江沢民氏の生死については未だ明らかではないが、中国共産党が逝去を発表する時期を検討しているというのが真実に近いようである。

 蒋介石・毛沢東を問わず、偉大なる領袖の逝去に際しては自然の異変が起き、それが偉大さを表わすバロメーターともなっている。30年前、吉林の隕石を現地で見て、成程と思ったものである。

 『大紀元時報』に江沢民氏の十の罪状が掲載されていたが、中国共産党の存する限り、江沢民氏の事蹟が完全否定されることはない。死後、如何なる「待遇」を受けるかは別問題である。

 果して、江沢民氏は死後大異変が起きる程の大人物であったのか否か、天の審判を待つのみ。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2011-07-24 23:35 | Comments(0)  

中国人船長強制起訴について

 昨21日、那覇検察審査会は中国人船長を強制起訴すべきと議決したという。「市民の正義感情を反映させるため判断をした」としても、皆が忘れた頃となっては遅きに失した憾みがある。

 ベトナムの反中デモ、比議員の南沙諸島上陸およびASEANでの南シナ海指針上程等、中国に対しては堪忍袋の緒が切れたような各国の対応がみられる。

 日本側が強硬手段をとっても中国が「直ちに」報復措置に訴えるとは限らない。中国を四面楚歌の境遇に陥らせた上で、尖閣に自衛隊を常駐させることが問題の根本的解決に向けた条件である。

 その前提として、中国人船長が日本に戻り、公判を開くのが最も理にかなっており、中国側がこれに応ずることがなければ、四面楚歌への第一歩ということになる。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2011-07-22 21:35 | Comments(0)  

「ふしぎなキリスト教」について

 講談社現代新書に「ふしぎなキリスト教」と題する、2名の社会学者(橋爪大三郎、大澤真幸)による対談形式の解説がある。

 キリスト教の理解には、曽野綾子や佐藤優の斜に構えた解説が役に立っているが、上記の解説も、キリスト教に関する様々な疑問にもとづいたものであり、かなりのインパクトがある。

 キリスト教が日本に根付くことはなかったのは教義に胡散臭さがあるからである。併し、日本社会や国際社会の背景を知るには、矢張り、キリスト教に些かなりとも近づき、偽と真の部分を見極めることこそが捷径であ
ると思う。

 上記書は50代の男性にとって熟読する価値がある。40代では良さが判らず、60代では読む時期を過ぎている。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2011-07-21 21:16 | Comments(0)  

解散総選挙について-3

 本日の東京新聞朝刊に自民党内に菅首相の低支持率を利用して、解散総選挙の場合は続投させた方が得策という首相続投論があるとの記事があった。

 本人がやめたくないのであれば、無理してやめて貰うことはなく、また、国民にとっても総選挙は適切な判断の出来るような涼しい時期に行われる方が良い。

 併し、自民党に民主党・社民党解体を実現する策が果たしてあるのだろうか。これを実現しなければ何回総選挙を行っても意味がないのである。

 野党たることに狎れた自民党にも余り魅力を感じない今日此頃である。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2011-07-19 20:26 | Comments(0)  

オリンピック招致について-2

 昨16日、石原知事は2020年のオリンピック開催地への立候補を正式表明した。これを紹介する東京新聞の論調は極めて否定的・悲観的である。

 オリンピック招致活動のプラス面と言えば、日本国が頑張っているという存在感を示すこと位だろう。

 併し乍ら、スポーツ関係者の「悲願」から、日本全体が神仏頼みとなれば或いは成就するやも知れぬ。それもまた良いのではないか。

 水面下の工作と万遺漏なき準備による前向きな取組みにより努力が報われることを期待するのみである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2011-07-17 20:15 | Comments(0)  

解散総選挙について-2

 議論の焦点は原発・エネルギー問題一色となり、沖縄問題も稍(やや)かすんで来た観のある中、「不撓不屈(ふとうふくつ)」の菅首相を誰しも攻めあぐねている。

 民主主義政体なるもの、確かに限界があり、国民が政治を他人事として観ている間は良い政治が実現出来る筈がない。

 かかる踊り場的状況を何時迄も続けさせないためには、国民に信を問うしかないのであるが、国民が新たな過ちを犯さぬとも限らぬという一抹の不安が残る。

 総選挙があるとすれば、民主党・社民党の徹底的な解体を齎(もたら)すような選挙結果でなければ価値はない。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2011-07-14 20:49 | Comments(0)  

解散総選挙について-1

 菅首相が開き直ってからというもの、政治家の方々のブログには愚痴が書き連ねられているが、抜擢された浜田和幸氏のみは前向きである。

 愚痴の例として舛添要一氏の「日本の外交は一体如何なる」といった悲観論がある。大震災のときに同氏が上海で講演していたこと、また、その後もずっと外野席に据え置かれ、髀肉之嘆をかこっていることは実に不運である。

 さて、菅首相が解散に打って出て、総選挙が911となるという見方がある。郵政選挙より丸6年、この間、日本国も日本国民も全く進歩なく、右往左往した挙句、大震災という逆境に陥ってしまった。

 国費の無駄遣いとなるといっても、今となっては総選挙により新規蒔き直しを図るほか道はないように思われる。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2011-07-09 20:13 | Comments(0)