「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 

日中首脳会談など必要無い

ASEANの首脳会議で予定していた首脳会談を日本はすっぽかされ、僅か10分と言う極々短時間の「懇談」でお茶を濁された訳だが、尖閣の一件以来、非があるのは支那(中国)の側であって、日本に相手に謝罪したり譲歩す可き理由は全く無い。いや、変に媚びる必要も無い。

いにしえの世、文化文物を輸入し国力を養った平安日本は、ある時、せっせと派遣していた遣唐使を廃止し、公的な往来を絶った。然し、その結果、日本は唐風文化から「国風文化」に移行し、日本独自の道を歩む事となった。その後、当時の超大国・唐は各地の藩鎮(節度使)が自立し帝国は崩壊。五代十国と呼ばれる乱世に突入してしまった。翻って今の支那はどうであろうか?

北京五輪を開催し、上海万博をも無事成功(?)させた支那ではあるが、東支那海では日本と、南支那海では東南亜細亜諸国と島の領有権を巡ってトラブルを起こし、国内に於いてもチベット・ウイグル・南モンゴルと言った占領地域の独立問題を抱え、更には「反日」デモにかこつけて民衆が政府批判をしている。中華人民共和国の先行きは真っ暗。いや、早ければ今年、来年には体制が崩壊するだろう。そんな国の首脳に、日本から無理して会う必要等無い。

日本側は相手から懇願してきたら会えば良い。そうでなければ、捨て置けば良い。

どうせ滅び行く「眠れる獅子」もとい「眠れる豚」なのだから。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2010-10-31 23:19 | Comments(1)  

「袁紅冰特別演講会」について

『大紀元時報』の後援による「中国自由文化運動首席委員」袁紅冰氏の講演会に参加した。

台湾問題に関する鋭い指摘には説得力があった。就中、2年後の総統選の前後に問題が本格化した際、中国が日本の国連安保理常任理事国入りの承認、北方領土に関するロシアとの仲介やガス田開発に関する譲歩といった餌で、日本の介入を阻止するような工作を行って来る可能性があるという。

現在の民主党政権には、容易に誘いに乗ってしまうような危険な香りが既にしている。仮に自民党が政権復帰したとしても大体同じことだろう。

一部の国民が台湾問題を他人事とせず、国際情勢に興味を有し、醒覚していたとしても、政府がその前触れたる尖閣問題さえ適切に処理出来ず、御先真っ暗という今、中国のペースで事が進むのは目に見えている。「洗脳」が一層進行している台湾の人々のことを思えば、実に胸が痛む限りである。これを何とかせねばならぬ。かかる思いを新たにしただけでも今回の講演参加には収穫があった。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2010-10-31 20:45 | Comments(2)  

中国人就学生について

既に中国の大学を卒業し、短期の実務を経た後、今春来日、アルバイトしつゝ日本語学校に通い、日本の大学入学を目指している中国人就学生と話す機会があった。

その際、中国の大学卒業後の収入と大体の生活費につき聞いたところ、収支にアンバランスが生じており、これでは一部の学生達に不満が高まるのは無理がないと思った。

30年前、開放前の中国には社会主義的な暗い雰囲気が確かにあったものの、素朴で牧歌的な一面もあったことを考えれば、現在、物質面で然程上昇志向のない輩には経済成長が厄介で面倒なものとなっているに相違ない。

上記の中国人就学生に対しては、費用対効果の面から、日本の大学卒業資格に果してそれ丈の価値があるか疑わしく、学費と時間が勿体ないので、より短期で専門的な学校で技術修得したら如何かと勧めておいた。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2010-10-29 19:59 | Comments(0)  

「解読釣魚島事件的背後」について

中国内陸部における抗日デモがくすぶった儘(まま)、長期化する中、『大紀元時報』10月26日号に「解読釣魚島事件的背後」という長文の寄稿があり、興味深く読んだ。

これを要するに、抗日デモは政府側が操縦して民衆の視線をそらすと共に、愛国感情を高めて日本政府に圧力を加える「一挙奪得」(一石二鳥)の役割を果しているが、そのうち「玩火自焚」の痛い目に遭うかも知れぬ、というものである。

併(しか)し、抗日デモを終息させるもさせぬのも政府の意思一つであり、一部の策動にしては何かはっきりせず曖昧なものが残る。

台湾が名称問題でとばっちりを受けて、関係者が嫌な思いをしていることに対しは日本人として同情せざるを得ない。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2010-10-28 23:55 | Comments(0)  

自ら四面楚歌を招く「中国」── 支那の横暴を許すな!!

先ずは以下の記事からご覧頂こう。

<東京国際映画祭>ビビアン・スーも無念…台湾代表団、グリーンカーペット欠席の理由―英メディア

2010年10月23日に開幕した東京国際映画祭で、台湾からのゲスト陣が開幕式のグリーンカーペットへの登場を直前に取りやめた件で、中台間の政治問題が絡んでいたと報じられた。背景には、中国代表団が台湾代表団に対し、「台湾」の名目で同映画祭に参加することに不満を持ち、「中国台湾」あるいは「中華台北」として参加するよう求めたことがあったという。BBC電子版の中国語サイトが伝えた。

台湾代表団を率いる台湾新聞局映画所長の陳志寛(チェン・ジークアン)氏が、その要求に断固として応じなかった。台湾行政院の呉敦義(ウー・ドゥンイー) 院長は24日、「国務院台湾事務弁公室(対台湾関係を扱う中国側の窓口機関)がこれらについて把握していなかったところを見ると、中国代表団の江平(ジアン・ピン)氏による過失であろう」と、今回の行為が個人の独断であるとの見解を表明。呉院長はまた、「台湾は例年、同映画祭には“台湾”の名目で参加してきた」と発言し、今回の中国代表団の要求を「横暴」と非難した。

台湾新聞局の江啓臣(ジアン・チーチェン)局長もこれに重ね、「中国代表団の行動は、台湾の映画人の権益を大きく損ねるものである」と不満を表明、「政治的手段で映画という文化交流に干渉すべきではない」とした。

台湾野党、民進党の蔡英文(ツァイ・インウェン)主席も、現在の馬英九(国民党)政権の親中姿勢に警告を発し、「あまりロマンを語らず、あまりに無邪気になるべからず」と発言した。その国民党内でも、周守訓(ジョウ・ショウシュン)立法委員が「今回のことがもし中国政府側の意向だとしたら、中台間の交流に大きな打撃を被ることになる」と懸念を表明した。

この件について、中台双方が個別に記者会見を開き、それぞれの見解を明確にした。

中国代表団の江平団長は、「引き続き台湾側には“中国台湾”あるいは“中華台北”としての映画祭参加を求める」とし、場合によっては、今後の映画祭参加についてボイコットの可能性も示唆した。台湾代表団の陳志寛団長はこれに対し、「“台湾”という名称は、映画祭の主催者側と早々に取り決めたもの。今さら変更できるものではない」と反駁した。

結果、中台双方の関係者がグリーンカーペットから消えた。中国代表団は当日、PR活動やパーティーなどにも欠席した。翌24日、同映画祭の特集上映企画「台湾電影ルネッサンス2010」のオープニングセレモニーに登場したビビアン・スーは前日のグリーンカーペット欠席について、「私たちがどんなにがんばってもどうにもならない」と、くやし涙をにじませた。(翻訳・編集/愛玉)

Record China 10月25日(月)19時30分配信


日本のお茶の間でもお馴染みの台湾女優・ビビアン=スーが涙を見せた事で話題となった今回の東京国際映画祭。その彼女の涙の原因が何かと言えば、事もあろうに支那の横暴であった訳だ。

それにしても、台湾を一度も領有(実効支配)した事も無い癖に、台湾に対して「中国台湾」或いは「中華台北」と名乗れ!!とは随分と傲慢不遜な国である。(まあ、今に始まった事では無いが) こう言う国に対しては台湾の友邦として、こう要求してやろう。

「中国」とは我が国の一地方(中国地方)の事である。
故に「中国」では無く「支那」と名乗れ!!

と。はてさて、支那は一体どの様な反応を見せるであろうか。

それにしても、尖閣沖漁船衝突事件では日本、レアアース問題では日米欧、ノーベル平和賞ではノルウェー、南沙・西沙諸島領有権問題では東南アジア諸国、そして、今回の映画祭では台湾、と次から次と諸外国とトラブルを起こしている支那である訳だが、これは裏を返せば、自ら四面楚歌の状況を作り出している事に他ならない。

毎年二桁の伸びで軍事力を増強しているのに反比例して、彼等に対する反発と警戒心、そして、包囲網が狭まっている事に支那自身は気付いていない。正に史上最強の「KY」国家と言っても過言では無い。

尖閣問題や連日の反日デモにより、日本の嫌中・反中感情は確実に増幅した。それと同様に、馬英九・国民党政権による対大陸宥和政策で支那が台湾に対し態度を軟化させるかと思いきや、あいも変わらぬ姿勢を見せた事で、台湾公民どころか当の国民党内からも反発の声が上がった。これで、折角の対大陸宥和政策も水泡に帰し、台湾の大陸を見る目も厳しさを増す事だろう。

「中国」が西楚覇王・項羽同様に「楚歌」を聞く日もそう遠くはないだろう。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2010-10-26 21:19 | Comments(2)  

「Restoring The American Dream」について

1年前より購読している米国雑誌『TIME』を読んでいると、鳴り物入りで登場して来たオバマを以てしても停滞ムードを払拭出来ない米国の現状がひしひしと伝わって来る。このところ、後ろ向きなテーマ・内容の記事が多かったところ、インド出身のFareed Zakariaによる「Restoring The American Dream」という記事(11月1日号)があった。

米国復興の鍵は重点投資への転換と教育・訓練制度の充実にあり、というもので、上記の対策は既に誰かが唱えて来たものであるにせよ、米国の現在の悩みが切実なものとして伝わって来て、知識人・成功者としての鋭い論理が展開されている。

米国の物質的な復興に対し、日本復興への「処方箋」は物質面ではなく、精神面から始めねばならぬと思うが、李叔徳氏より丁度来たメールで、NHK大河ドラマ「龍馬伝」が台湾で11月から放映されるとのことを知った。過去の日本人の前向きに生きる姿は現在の台湾人にも参考となることだろう。

現在の日本はと言えば、民主党の危うい政権運営やら、中国の恫喝的外交やらで、近視眼的な袋小路の中を行きつ戻りつしているような情けない有様とはなっている。このあたりで、極東の一角に「跼蹐(きょくせき)」するが如き卑屈な態度を国民一体となってあたらめ、早期に尖閣問題から「卒業」し、大局観・「鳥瞰図」を以て明るい日本を描くことを政治家・教育者が各々率先垂範して実践するようになれば、少しは希望の萌芽を見出すこととなろう。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2010-10-26 20:23 | Comments(0)  

李叔徳氏よりのメールについて-3

李叔徳氏より気になった記事が送られて来ている中で、23日開幕の東京国際映画祭で台湾の名称問題により中国が反発したとの記事は、台湾問題では一歩も引かない中国側の態度が益々強硬となっている印象を与える。

強硬な態度は駆引でもあるまいが、一旦譲歩すると大義名分に反するとの上層部よりの指令に対し逆らうようなことをすれば、帰国後「粛清」されるのは目に見えている。

偉大なる孔子を生んだ中国であってみれば、今少し「大人」(たいじん)の風格を以(もっ)て台湾に接し、徳を以て感化する位のゆとりがあって良さそうなものである。

一党独裁体制下の国には初めから無理な注文であることは言う迄もない。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2010-10-25 22:09 | Comments(0)  

李叔徳氏よりのメールについて-2

李叔徳氏は、歌の好みとして、島倉千代子、美空ひばりクラスの実力を有つ川野夏美が最高で「京都慕情」、「りんどう峠」は殆(ほとん)ど毎日聞いており、仕事の疲れなど吹き飛ぶとのことである。 同氏の日本「有情(うじょう)」に寄せる様々な思いには、はっとさせられることがある。

小生の好みと言えば、歌ではテレサテンが「一番」であったが、年を重ねるにつれ、余りにも重過ぎるように感ぜられ、2年前にある台湾人から贈られたCD2枚組も到頭中国人に渡してしまった。

さて、このところ、ドナルド・キーンの日本文化に関する著書を数冊読んでみて、日本人の美意識や文化をなつかしく思い起こすが如き心地(ここち)がする。これは、日本人として普段意識していないことを他国の人が客観的に指摘することに共感を覚えるからである。

日本の現代生活に浸(ひた)り切り、伝統ある日本のことに疎(うと)くなることを中々「修正」出来ない。この点では小生も自ら「思想改造」を行う余地が大いにある。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2010-10-24 21:24 | Comments(0)  

情報遮断について

小生の身近にいる中国人で知的とされる青年達(主に大学院生)に尖閣問題のことをたずねると、或(ある)いは殆(ほとん)ど知らなかったり、或いは知ることを拒(こば)んだりするのを見て意外に感ずることが多い。

インターネットで得る情報が大陸経由に限られる後者の方の彼等(かれら)は『大紀元時報』や『TIME』誌を「偏向」新聞・雑誌となし、小生が、例えば、劉暁波や温家宝関連記事を、客観的な見方と断った上で指し示しても、明らかに不服そうな顔をして峻拒(しゅんきょ)するのである。

小生は時事的な問題につき日本のヤフーで検索したら如何(どう)かと勧めるのだが、そうした行為を祖国への叛逆となし、情報の氾濫を一種の「陰謀」と感ずるような、固定した思想は最早(もはや)容易に氷解することはない。徹底的な思想改造を要する。

中国の教育により脳に組み込まれた情報遮断のシステムとは恐るべき哉(かな)。小生の余生は「良き日本人」として、日本在住の中国人青年の思想改造の一助をなすことに捧げることを決意した次第である。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2010-10-22 19:10 | Comments(0)  

李叔徳氏よりのメールについて-1

李叔徳氏より幾つかの興味深い記事が送られて来た中で、李登輝氏の「尖閣は他人の妻」発言には微苦笑させられたものの、確かにその通りである。譬(たと)えが簡にして要を得ている。

我が国の大勲位中曽根氏にしてこの位の「直言」があれば、拍手喝采を浴びることは必定で、中国側に報道され、万一考え直して呉(く)れるようなことになれば、勲功は弥(いや)が上にも増すかも知れぬ。

小生も及ばず乍(なが)ら、譬えを一つ挙げる事としよう。「負債者」日本は「町金融業者」中国に元利相当額を完済したにもかかわらず、支払が不足していると永遠に責め立てられる哀れな小心者の如し。

中曽根氏が歴史問題で閣僚の首を安易に切ったり、胡耀邦に「女の情け」をかけたことが中国の「望蜀」を助長して来た一因ともなったことを思うとき、同氏が大往生の前に、懺悔ならずとも自己批判をして戒めを残せば、全国民は以(もっ)て徳とし、同氏に深甚の謝意を表することであろう。

古川 宏  FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2010-10-21 21:10 | Comments(0)