<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

台湾は一足早く統一選


<台湾>地方選…政権への初の信任投票 対中政策など焦点

11月25日21時20分配信 毎日新聞
 【台北・大谷麻由美】台湾で来月5日に投開票される統一地方選に向けて25日、政見発表会が始まり、選挙戦は事実上の終盤戦を迎えた。国民党の馬英九政権にとっては初の大型選挙で、対中融和政策を含めて、政権への信任投票となる。
 4年前の前回選挙で大勝した国民党の優位は変わらない情勢だ。ただ、今年8月の大水害での対応の遅れで支持率は低迷気味だ。今年10月に国民党主席に復帰した馬総統が党内改革を強力に推進してきたことで、古い体質が残る地方の反発が強まっている。
 今回、国民党員8人が党指名を無視して無所属で出馬し党除名処分となった。花蓮県では除名となった候補者が優勢だ。選挙結果によっては、馬総統の党内求心力の低下が進む可能性もある。呉敦義行政院長(首相)は「地方選挙は国政とは直接関係はない。中央政府に対する試験ではない」と述べるなど既に予防線を張っている。
元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091125-00000121-mai-int


日本は来年(参院選)だが、台湾では一足早く統一地方選を迎える。

日本では、参議院だけで無く衆議院さえも民主党に取られ、政権与党となった民主党の「暴走」に目に余るものがあるが、台湾に於いても、南部を中心に国民党に対する反発が根強いと聞く。

折角、民進党時代に自主独立路線と言うレールを走っていたにも関わらず、政権交代で支那に歩み寄り台湾の主体性の低下を招いている所等、我が国の民主党政権とも重なるが、正名台湾の為にも、我が日本の為にも、ここは一つ台湾公民に於かれては、馬政権と事実上の第三次国共合作に党の延命を託した国民党に「お灸」を据える可(べ)く、投票と言う手段で正しい判断を是非してもらいたいと思う。
竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2009-11-26 21:58 | Comments(0)  

鳩山民主党政権を斬る-4

鳴り物入りで進められている鳩山民主党政権の「事業仕分け」。資源の乏しい国情をカバーし、富国の基(もとい)となってきた技術力の高さを維持する為にも不可欠な国産次世代スーパーコンピュータの開発を「不要」と断じ、主要大学の学長や歴代のノーベル賞受賞者から苦言を呈される程に「呆れられた」のも束の間、今度は我が国の国防の要である自衛官の増員を認めぬ判断を下した。

自衛官増員「認めず」=要求額72億円-事業仕分け

11月26日11時36分配信 時事通信
 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は26日午前、2010年度予算概算要求の無駄を洗い出す「事業仕分け」後半3日目の作業に入り、防衛省の自衛官増員要求(要求額72億1600万円)について、「認められない」との判断を示した。
 同省は、陸海空各自衛隊の実戦部隊について、計3498人の増員を要求。しかし、仕分けチームは「公務員を減らす方向の中で、増員する必要が本当にあるのか」と指摘した。
 一方、沖縄県の在日米軍基地などの土地所有者に支払う借料(1190億円)については、「歴史的な状況も考慮しなければならない」として「予算要求通り」とした。
 環境省関係では、同省所管の財団法人「地球環境戦略研究機関」への拠出金(5億5000万円)について、「天下り先となっている」などとして「予算縮減」と判定。一方、国連大学への環境教育や生物多様性保全のための拠出金(3億500万円)は、「要求通り」とした。
 また、経済産業省関連では、東京国際映画祭や日本ファッション・ウィークの開催を支援する事業(19億2400万円)について、予算額の3分の1程度を削減するよう求めた。
元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091126-00000060-jij-pol

脳天気な鳩山総理は「友愛」をキャッチフレーズに、内政・外交共に理想に燃えている様だが、その二語が素直に通じる程、外交は甘くは無い。何故なら外交の場では、テーブルの上で笑顔で握手しつつ、テーブルの下で互いにピストルの銃口を向け合っている様なものなのだから。

弾道ミサイルを実戦配備し、核開発も決して諦めない北鮮は当然の事乍(なが)ら、吉林省の基地に既に日本向け核ミサイルをとうの昔に配備し、毎年二桁増で空母建造を含む軍の近代化を推進、更には東支那海のガス田は元より、自国の権益確保の為ならば、尖閣だろうが何だろうが、平気で掠(かす)め取ろうと目論む支那が隣に居ると言うのに、自衛官の増員は認めない・・・これでは、北鮮や支那の指導者達は大手を振って喜ぶ事だろう。

鳩山総理は「平成維新」等と言っているが、それは日本を改革し一等国として復興する為の維新=革命では無く、科学技術力を衰退させ、防衛力を弱体化させた上で、「東アジア共同体」に名を変えた中華朝貢秩序への参加=支那への併合を目指している様にしか私の目には映らないのだが、如何なものだろうか?

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2009-11-26 21:40 | Comments(0)  

昨今の所感

事業仕分けの推進やJALのOB年金削減問題の成行等を新聞で読むに、既得権益を犠牲にすることの痛ましさを他人事乍(なが)ら思い遣(や)る次第である。

組織も人間も絶えず前向きな思考を続けていかなければ、「存在意義」と「利」との相克の中で自らを見失ってしまう。

そうした相克を解消するには高い志が必要であり、それは社会への無償奉仕ということに尽きると思う。そうした姿勢が「大御心」に沿うものと信じてやまない。

社会への無償奉仕を実現するためには若い頃からの準備を要する。青少年諸君は須(すべか)らく浪費癖を捨て、勤倹貯蓄に励むべし。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2009-11-23 20:57 | Comments(0)  

台湾の支那併合を加速する甘い罠

先(ま)ずは本日配信のニュースのご紹介から。

中台自由貿易、年内に公式交渉開始で合意

2009年11月14日 20時29分 提供元:読売新聞
【シンガポール=関泰晴】中国の胡錦濤国家主席(共産党総書記)と台湾の連戦元副総統(国民党名誉主席)は14日、シンガポールで会談し、自由貿易協定(FTA)を軸とする「中台経済協力枠組み協定」(ECFA)の締結に向け、年内に公式交渉を始めることで合意した。
 中国側は、関税撤廃などで台湾企業の対中輸出を優遇することで、景気低迷にあえぐ台湾を支援する意味合いもある。
 連氏は会談で、「中国が各種の『買い付け団』を台湾に派遣し、企業を助けて経済振興に相当の効果を上げている」と述べ、中国側が5月以降、台湾企業との間で電子部品や工業製品などの大型商談を成立させ、台湾経済の支援に乗り出していることに感謝した。
 中台双方は、来年中にECFAの締結を目指すことで今年5月に合意し、非公式協議を続けていた。


これが、嘗(かつ)て支那の統治権を中共(中国共産党)と争った国民党(中国国民党)の名誉主席の言う事だろうか? 民進党から政権を奪還したとは言え、国民党も随分と「落ちぶれた」ものである。これで、台湾の自主性(国家主権と言い換えても良い)を堅持出来るのだろうか?

政権与党がこの体たらくでは台湾の独立性も心許(こころもと)ない。外野である我々日本人が憂う前に、一日も早く台湾公民の手により赤化支那に媚(こ)び売る国民党政権が打倒される事を願うばかりである。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2009-11-14 21:20 | Comments(0)  

奉祝 天皇陛下御即位20年

天皇陛下の御即位二十年を言祝(ことほ)ぎ、衷心(ちゅうしん)よりお慶び申し上げます。
又、併せて皇統が万々世途切れる事無く継承されます様、ご祈念申し上げます。

臣 竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2009-11-14 21:01 | Comments(0)  

天皇陛下御即位20年に思う

今上陛下御即位実に20年、記念式典は12日無事に終了したとのことであり、大変結構なことである。

自分の人生を振返ってみるに、昭和の終焉と共に人生が終わり、平成に入ってからは何となく生の実感のない日々を過して来たように感ずる。

これもまた時代の風潮であり、平成時代における我が人生はオマケと考えれば納得出来る。

高齢社会、マイナス成長に対応した有意義な生き方が出来るようになった時代背景には感謝せねばならない。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2009-11-13 20:58 | Comments(0)  

鳩山民主党政権を斬る-3

9月27日に、鳩山総理が連合国(国連)気候変動サミットの場に於いて「温室効果ガスを2020年までに1990年比で25%削減する」等という国際公約を表明し、独り悦に入っている事を取り上げたが、じわりじわりとその「ツケ」が我々国民に迫っている。

鳩山民主党政権は、道路特定財源に於ける暫定税率の廃止と、高速道路料金の無料化を掲げているが、それとは反対に、ここへ来て「温暖化対策税」なる新税の導入を口にし出した。しかも、これは衆院選の際のマニフェストで有権者に示さなかったものである。

新税が導入されるのか否かはまだ分からないが、私は大いに疑問であるし、ましてや導入には反対である。

「高速道路料金の無料化をします」と言えば聞こえは良いが、マイカーはおろか運転免許を持っていない人や、そもそも高速道路を利用しない人にとっては有料だろうと無料だろうと正直関係の無い話である。むしろ、利用する人からそれ相応の料金を徴収する事の方が、利用しない人との公平性を保つ事が出来る訳で、逆に無料にした場合、結局は別の所(最終的には我々の税金だろう)から建設・整備費が支出される訳で、利用者とそうで無い人との公平性の観点から見れば、不公平の誹りは免れないだろう。

さて、鳩山政権が目論んでいる「温暖化対策税」だが、これはガソリンや軽油、灯油と言った所謂(いわゆる)「化石燃料」全てに満遍なく課税すると言うものらしい。暫定税率を廃止した所で、この新税が導入されれば、結局、ガソリンと軽油の価格は現在と変わらない、いや、むしろ税率次第では上がる可能性すらある。更に、灯油もとなれば、冬場の光熱費──つまりは我々一般家庭の家計負担が増える事になる。鳩山総理は「4年間は消費税の値上げはしません」と言ったが、マニフェストにも掲げていなかった新税が導入されれば、消費税を値上げするのとさして変わらなくなる。これは「公約違反」では無いが、喩えれば「後出しジャンケン」共言えるものだ。又、あくまでも「化石燃料」に課税するとしているが、燃費の良いハイブリッド車(プラグイン・ハイブリッド車を含む)や、ガソリンや軽油を全く使わない電気自動車の扱いはどうなるのか?と言った問題もある。

電気は原子力や水力だけで無く化石燃料を用いる火力発電によっても生み出される。「電気自動車」は電気で走っていると言えば聞こえは良いが、結局は多かれ少なかれ化石燃料を「電気」と言う形にロンダリングしたもので走っている共言える訳だ。そうなると燃料を給油しないから新税の対象にはならないと言うのは、如何なものか?と言った意見も出てくる事だろう。

つらつらと書いたが、最後に根本的な問題を提起したい。「地球温暖化」は本当に化石燃料を燃やす事で発生する二酸化炭素をはじめとする「温室効果ガス」が直接的要因なのだろうか? 私は違うと思う。太陽活動の変動自体が主要因であると考えている。ならば、二酸化炭素の排出量をチビリチビリと削減した所で、それは「焼け石に水」でしか無い。何故なら、根本的要因を解決しないのだから。又、現在の「地球温暖化」問題が、純粋な環境対策では無い事も知っておくべきだ。よく耳にする「排出量取引」は証券や先物の取引と同様、今やビジネスと化してしまっている。本来の目的を外れてマネーゲームの材料となっている訳で、鳩山総理が口にした「温室効果ガスを2020年までに1990年比で25%削減する」等という国際公約、しかも国内だけでの対策では実現が非常に困難な公約を実現する為には、どうしても他国との「排出量取引」を駆使して何とか帳尻を合わせるしか無いのが実情だろう。それはとどのつまり、ジャパンマネーが今以上に国際社会に「毟(むし)り取られる」事を意味する訳で、言わば形を変えた「ハゲタカ」に日本が食われる事でもあるのだ。

最新の調査でも、鳩山内閣の支持率は発足当初から比べれば下落したものの、まだまだ高いポイントを維持している。それを支えている方々に問いたい。

「あなたは本当に鳩山政権、民主党のやろうとしている事を理解しているのか?」

と。

政権交代の熱にうかされているのなら、早く目を覚まして欲しい。そして、冷静な目で、鳩山政権がしようとしている事を精査してもらいたいと切に思う。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2009-11-04 23:10 | Comments(0)  

日台関係について

現政権誕生以来、日台関係が話題になることが非常に少なくなったのは残念なことである。

何となく流動化した、足が地についていないような状況が続いているが、台湾でも同様であろう。

かかる時代であればこそ、世界史や日本史の本を繙(ひもと)き、或(ある)いは著名政治家・軍人の人物月旦を読み直すことに意義がある。

例えば、日本統治時代の総督の力量・施政の結果といった観点から日台関係の淵源を探ることも良いと考える。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2009-11-03 21:13 | Comments(0)