「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

総選挙の結果について-2

昨日の衆院選の結果に付いては既にあちらこちらのブログで語り尽くされている事と思うので、自公連立政権や民主党に付いて改めて私が語る事は無い。然(しか)し、海外 ── 特に隣国・支那(中国)の反応が非常に面白かったので、その事に触れてみたいと思う。

「天が変わった」中国各紙、日本の行方に関心

 【北京=杉山祐之】中国各紙は31日、民主党が圧勝した衆院選結果を大々的に報じた。
 1972年の日中国交正常化以来、ほぼ全期間を通じて「自民党の日本」を相手にしてきた中国は、その政権が一夜にして消滅した現実を驚きをもって受け止めたようだ。中国は民主党政権下の日本の行方にも大きな関心を抱いている。
 「日本が『大王の旗』を変えた」「天が変わった」「民主党が歴史的大勝利」――。各紙は、政権交代を伝える大きな見出しを掲げ、分析付きで結果を詳報している。民主党の鳩山由紀夫代表については「日本のオバマ」「宇宙人」などとの評を紹介した。
 今後の日中関係については、「(関係発展の)大きな流れは変わらないだろう」(国営新華社通信)との見方が強い。
読売新聞 [08/31(月) 11:14]

この記事で「支那らしい」と思ったのは、「天が変わった」と言う彼らの反応だ。「天」と言って空高く雲の上にある「天」と思うのは早合点(はやがてん)で、此処(ここ)で彼らが用いた「天」とは「天命」の事と解した方が分かりやすい。即(すなわ)ち「天が変わった」とは「天命が革(あらた)まった」と言う意味なのだ。

「天命が革まる」 ── これは所謂(いわゆる)「革命」の語源なのだが ── 支那では古来より時の王朝は「天」=「天帝」(宇宙の主宰者)より、この地上の統治権を委任されると言う形式で国家万民を統治してきた。然し、王朝の創立から時間が経つと次第に世が乱れる様になる。すると、「天」は地上の統治権を委任するに足る新たな支配者を選び出す。こうして、古い王朝が倒され、新たな王朝が始まる。これが「革命」であり、彼ら支那人の目には、行き詰まった「自民党王朝」の命運が尽き、新たに「天」が「民主党王朝」を選んだ様に映ったのだろう。然も、「銃口から政権が生まれる」と言われる支那 ── 「新中国」建国以来、中国共産党による一党独裁体制を維持する支那にしてみれば、武力を一切伴わない国民による「選挙」によって、自民党政権が一夜にして崩壊した事は到底信じ難く、理解の範疇を超えた出来事に映ったに違いない。

その意味では、支那側の論評は正(まさ)に「支那らしい」の一語に尽きるものだったと言えよう。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2009-08-31 21:03 | Comments(0)  

総選挙の結果について-1

新聞予想は的中し、自公の失った議席数と民主が獲得した分がほぼ同じという結果となった。

公明党の冬柴氏の言の通り、今となっては「敗軍の将、兵を語らず」に尽きる。

一面、世代交代が図られたことは今回選挙の成果である。

自民にとって「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」の機会となり、来年参院選で「捲土重来(けんどちょうらい)」となるか、今のところ期し難(がた)い。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2009-08-31 20:04 | Comments(0)  

空自百里基地視察に付いて

去る25日、NPO法人日本ネイビークラブ(大橋武郎 理事長=元空将補)とNPO法人世界戦略総合研究所(阿部正寿 会長)の合同による茨城県小美玉市の航空自衛隊百里基地への視察に参加した。

同基地は首都圏防空を担当し、日本全土で年間200回超を記録する対領空侵犯措置 ── 所謂「スクランブル発進」の一翼を担う「前線の基地」でもある。

同基地には、要撃戦闘機 F-15J/F-15DJ 及び F-4EJ、偵察機 RF-4E/RF-4EJ、補助用航空機(中等練習機) T-4、救難捜索機 U-125A、救難救助ヘリ UH-60J が配備されており、基地の広報担当隊員より様々な説明を受けた。もっとも、これらの機に付いては、基地施設内も含め国防上の観点から撮影は一切認められていないので、現地の写真で紹介出来るものは記念撮影用に敷地内に置かれていた退役機のみである。

c0058035_21235827.jpg


隊員は皆20代と若く、広報担当の説明や言葉からは国防に対する決意や信念が沸々と感じられた。

国会にしろ巷間にしろ、左翼陣営からは自衛隊に対する違憲論議等、少なからず風当たりがあるが、こうして我々国民が日々平和な暮らしを営んでいられるのも、彼ら「平成の防人(さきもり)」あっての事だと言う事を、改めて認識する事が出来た。

今後共、隊員諸氏に於かれては、健康に充分留意の上、職務に精励してもらいたいと思うと同時に、「違憲の軍隊」と揶揄される自衛隊が、一日も早く日本の正規軍としての地位を確立し、文字通り、体を張って国防を担っている軍人(自衛隊員)が、その働きに見合うだけの地位を獲得、国民から尊敬される日が訪れる事を切に願いたいと思う。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2009-08-29 21:26 | Comments(0)  

総選挙の行方について-6

本日の読売朝刊に、「馬政権支持率急落」という見出しの比較的大きな記事が載っているが、その不手際(ふてぎわ)が支持率にかくも反映されるとは、日本と同様である。

「自民党抗争史」という本を読んで、民主党の鳩山・岡田両氏共、嘗(かつ)ては竹下派の所属であったことを思い出した。

経済状況が中々好転せぬ中、民意は既に固まったということなのか。

日々、政治関係の記事を読み、得るところがあるようであり、ないようでもあり、といった中途半端(はんぱ)な気持ちとなっている。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2009-08-29 20:02 | Comments(0)  

総選挙の行方について-5

本日の朝日朝刊には、民主が320、自民が100前後という予想が掲載、夕刊には、鳩山氏の米ニューヨーク・タイムスへの寄稿に関する内容が紹介されていた。

フランス革命のスローガンの一つである「博愛」にあたる「友愛」の理念に戻り、地域社会を再見し、東アジア地域での通貨統合と安全保障の枠組み作りを目指すという。

過激な暴力により遂行されたフランス革命を引き合いに出すはいただけないし、通貨統合は画(え)に描(か)いた餅である。

政権交代が実現するとして、民主党の求める道が如何(いか)に成り行くのか、今から興味が湧いて来る。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2009-08-27 19:17 | Comments(0)  

総選挙の行方について-4

竹下氏同様、小生も既に期日前投票を済ませた。結果が出るのを楽しみに待つだけである。本日の朝日夕刊文化欄には「総選挙を過去から読む」という企画があり、陳舜臣氏の談が掲載されていた。

「脳出血の後遺症で車いすの生活」となった陳氏が「台湾も二大政党制だが、選挙では食事などの供応合戦を堂々と繰り広げる。政治が成熟していないんです。それに比べて日本は、国民がメディアの影響を受けやすい」とある。供応合戦も人情味があって良いのではないだろうか。

また、「こんな体になり、弱者を切り捨て、格差を生んだあの政権のやったことをより痛感した」とある。成功者の言とは思えない。

格差々々と言うが、精神的格差も経済的格差も本人の意識と努力次第で如何様(いかよう)でもなるのであるから、政治の責任にすべきではないと小生は考えている。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2009-08-26 23:15 | Comments(0)  

総選挙の行方について-3

衆院選の投票まで遂に一週間を切った。マスコミは民主党勝利による政権交代を既定路線として取り扱っている。そうなるのかも知れない。いや、ひょっとしたら、そうならないのかも知れない。選挙にしろ、勝負にしろ、最後の最後までどうなるのかは分からない。勝利目前と言う所で負けた例に枚挙の暇(いとま)は無い。だからこそ、諸氏に於かれては、マスコミがどう騒ぎ扇動しよう共、それに惑わされる事無く、「雰囲気」や「流れ」で、何となく●●党の▲▲さんに投票・・・等と言う事だけはしないで欲しい。ましてや、棄権等以ての外(ほか)である。

斯(か)く言う私は、本日、期日前投票を済ませた。選挙区・比例代表共に「自民党」に投票した。だからと言って、私は自民党員でも無ければ、ましてや、支持者ですら無い。とは言え、輿石東(私の暮らす山梨選出の、「山教組」=日教組出身の大物)をはじめとする旧社会党系左派の跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)する民主党への政権委任など、私の選択肢としてはあり得ない。現時点で自民党を選ぶ事がベストだとは思えないが、民主党に政権を渡さない為にはベターな選択だろう共思う。

4年前、「自民党をぶっ壊す」と言って多くの刺客を放ち圧勝した小泉自民党。その小泉元総理自身は出馬せず、自らが「ぶっ壊す」と言い放った自民党から子息を後継として出馬させた。結局、「壊すだけ壊した」のが小泉元総理であり、「改革」、「改革」と叫んでいた当の本人が議席の一族世襲に拘(こだわ)った所が何とも笑えるが、話は笑って済ませられる程(ほど)、生易(なまやさ)しいものでも無い。優勢な参院に加え、衆院まで民主党が押さえたら、左派左翼の跋扈を押さえる術(すべ)は最早(もはや)無くなる。本当に、それで良いのだろうか?

選挙の本当の結果は投開票してみなければ分からない。だからこそ、マスコミが放つ投票前情報に惑わされてはならない。誰に一票を投じたら、この国の為になるのかを自分自身の頭で考えなくてはならない。期日前・不在者投票を事前に済ませる人はきちと済ませ、そうで無い人も、8月30日には必ず投票へ行く様お願いしたい。

当落の事前予想をマスコミがするのは勝手だが、実際に一票を投じるのは自分自身である。その事を諸氏に於かれては、強く自覚して頂きたいと思う。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2009-08-24 21:30 | Comments(0)  

総選挙の行方について-2

刺客を送り込んだ4年前の総選挙と今回の選挙は自民党にとって様相が全く異なることは言う迄もない。

一つは米国が民主党の大統領となったことが大きい要素である。

二つめには、年金問題や格差社会といった経済上の生活関連が大きな争点となる前に、国家や個人に誇りを持たせるようなスケールの大きい命題を提示することが出来なかったことが挙げられる。

前者は日本の問題ではなく、また後者はないものねだりであり、両者共致し方のないことではあると思う。民意を待つほかはない。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2009-08-24 17:15 | Comments(0)  

台風8号への対応について-4

台風8号への対応が後手後手に回った事により、米国CNNテレビのネット投票で8割以上、台湾英語ラジオ局ICRTに至っては実に96%もの人が「馬英九総統は被災者救助の遅れの責任を取って辞めるべき」だと答えたそうだ。又、閣僚の中からも、林火旺・総統府国策顧問(台湾大学教授)が辞任し、薛香川・行政院秘書長(内閣官房長官)、陳肇敏・国防部長(国防相)、陳伸賢・水利署長が辞意を表明。劉兆玄・行政院長(首相)も辞意を漏らす始末。それにしても、馬総統が置かれている光景を、以前、目にした事がある・・・と思ったら、この日本で同じ様な出来事があった事を思い出した。

平成7(1995)年1月17日午前5時46分52秒、淡路島北部沖の明石海峡を震源とするマグニチュード7.3の巨大地震が兵庫県・大阪府を中心とする近畿一円を襲った。所謂(いわゆる)「阪神・淡路大震災」である。

この時、時の総理・村山富市にはかなり早い時点で地震の一報が入ったものの、未曾有の大災害発生にも関わらず、何と、当時懸案となっていた新党結成問題への対応、財界首脳との食事会等の公務を、キャンセルする事無く予定通りこなし、災害に対する対応を疎(おろそ)かにした。そして、3日後、衆議院本会議の場に於いて、二階俊博・衆議院議員に、その辺りの事を問い質(ただ)されるやいなや、「何分(なにぶん)初めての経験でもございますし、早朝の出来事でもございますから、幾多の混乱があったと思われまする」と曰(のたま)い、大顰蹙(ひんしゅく)を買い強い批判に晒(さら)される事となった。(コメント:「何分初めての経験でもございますし・・・」>誰だって初めての経験でしたよ、村山さん)

阪神・淡路大震災の村山富市と言い、今回の台風8号の馬英九と言い、緊急時に於いて如何(いか)に差配するかが指導者の器量である事を思えば、両者共にその器(うつわ)では無かったと言える。まあ、CNNが馬総統の進退をテーマにアンケートを実施した時点で、米国指導部は馬総統を見放した共言える訳で、リベンジを果たした国民党政権の行く手には暗雲が立ちこめている訳だが、当の馬総統が政権維持の為に、なりふり構わず支那共産政権に益々傾倒する様では、台湾(当然、日本も)の世も末だ。そうならない様に、いや、そうなる前に親支那・馬政権の「中華民国」が瓦解し、「台湾民国」を標榜する新政権が誕生する事を切に願っている。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2009-08-20 23:25 | Comments(0)  

総選挙の行方について

本日の朝日新聞朝刊に、民主党が300議席をうかがうという記事があった。

大盤振舞いについては、財源が限られていることでもあり、民主・自民何れも変わりないようだが、政権担当の実績で言えば、自民に如くはない。

軍事・外交については、依然として米国の意向に従わねばならぬ実情から、政権交代後の方針転換は無理であろう。

台湾問題も、当たらずさわらずの事態が続くと見るのが妥当のように思える。残すところ10日、選挙結果が待ち遠しい。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2009-08-20 21:10 | Comments(0)