<   2008年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

古い写真から-日本海軍第13航空隊解散

c0058035_23541962.jpg

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-07-31 23:54 | 日據時代的台灣 | Comments(0)  

古い写真から-苗栗縣竹南縣民祝賀天皇誕生日

c0058035_22264885.jpg

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-07-30 22:26 | 日據時代的台灣 | Comments(0)  

李叔徳氏の所感について

李叔徳氏より、旧聞には属するが、次の三つの記事につき所感を添え、紹介があった。

1.台湾:離婚率最高…日本人男性と台湾人女性の組み合わせ
2.宮崎産に対抗? 蘇煥智・台南県長、台湾産マンゴーをアピール
3.オリンピック開催地--超危険!!

国際結婚は元々習慣・言葉の問題があり、どちらかが折れないと維持は困難であるが、昨年、台湾人女性が341人も日本人に嫁いでいたとは驚いた。困難を乗り越えた結びつきに敬意を表する。

1個2,500円の宮崎産に対し、台湾産マンゴーは2個1,000円の破格値というが、高値であることに違いはない。

オリンピックは「自宅でテレビ中継を見るのが一番安全」というのが定着しつつあるようである。

さしたる話題がないのは、嵐の前の静けさか。
古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-07-29 21:39 | Comments(0)  

日台の距離について-4

考えてみれば、日本人の一種の気楽さには島国としての長所が背景にあるのだろうが、この国民性は直りそうにない。

台湾人と言えば、徐々に中国に取り込まれて行く過程の中で、新たな方向性を見失っているのが看取出来るが、日本人としては如何することも出来ない。

かくなる上は、日台は、当分の間、不即不離の関係を続けることによって、間違っても、日韓のような一方通行の誤解と嫌悪感を表面的に押し出さざるを得ない関係とならないようにするのが肝心である。

物理的な距離と精神的な距離とは必ずしも比例するものではないが、結局は、歴史の重みのみが影響を与え続けるのが日台関係と感ずる次第である。 (此項畢)

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-07-28 19:16 | Comments(0)  

古い写真から-日本海軍第13航空隊員

在銅鑼圈儲藏洞前 ( Bombs warehouse)
c0058035_2152632.jpg
李 叔徳 

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-07-27 21:06 | 日據時代的台灣 | Comments(0)  

日台の距離について-3

昔の話をすれば、毛沢東時代およびその後の中国は一種の恐怖政治により、社会全体に緊張感が漂(ただよ)っていた。

蒋介石時代の台湾も、台湾人より話を聞くとかなり締めつけられていたということである。

その点、日本人は昭和元禄の頃からのんべんだらりと気楽に過していたような記憶がある。

戦争に懲(こ)りて「国民皆兵」の原則なく、国防は米国に任せて来た日本人は恵まれていたというよりも、お目出度(めでた)い民族であると思う。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-07-26 20:30 | Comments(0)  

古い写真から-苗栗縣頭份小學校

c0058035_21571655.jpg

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-07-25 21:57 | 日據時代的台灣 | Comments(0)  

日台の距離について-2

例えば、竹島問題の憤懣を解消するために、対馬迄来て、対馬は韓国の領土だと主張する退役軍人-彼等の行動は滑稽・哀れであり、放置・傍観するしかない。

よって立つ処の距離が余りに離れており、同じ土俵で話し合うことは出来ない。

これに対し、些(いささ)か日本の事情に通じた台湾人が中国の主張を真に受けて、反日的行動に出た場合は、日台関係を損(そこ)なうことは限りない。

日台の距離を縮めるのは、歴史だけではなく、目下流行するものでもなく、精神的に共通の土台を有する人間としてのレベルの同一性であるということに思い至った。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-07-24 22:06 | Comments(0)  

日台の距離について-1

馬政権発足以来この方、日台の距離が次第に遠退(とおの)いているような感じがあるのは、小生に限ったことではあるまい。

「日本精神」にノスタルジーを抱く台湾の高齢世代の主張は高尚過ぎるし、日本の事物に関心を寄せる若い世代の動機は浅薄(せんぱく)である。

日本人の方は、団塊世代が続々と定年を迎え、茫然自失の体(てい)をなしているのが実態であり、憂慮に堪えない。

時代に即した日台関係は如何(いか)にあるべきか。これは求めるに困難であり、一考するだけでは得られない。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-07-23 22:26 | Comments(0)  

古い写真から-日本海軍航空隊 苗栗縣青少年隊員

当時之海軍軍官配刀
c0058035_2353310.jpg
c0058035_235426.jpg
李 叔徳 

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-07-22 23:06 | 日據時代的台灣 | Comments(0)