「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

Taiwan先生へのメール-5

As you are well aware of, it is true that there are so many praiseworthy episodes between Taiwan and Japan. This means how close 日台関係 has been even after WW2.

In the meantime, we are apt to take it for granted that 日台関係 is as firm as a huge rock. Will it be really same for generation onwards?

While we make much of the history, the past is only the past, we have to face each other and to foresee the future plan. “Rome is not built in a day”is applicable to 日台関係 which we expect will continue to be closer also for the years to come.

Taiwan先生, your well learned yet practical way of life is full of instructive incentives not only for me but for the other Japanese longing for a decent life worth living. You are the real hero of Taiwan hiding your talent in obscurity. 保重身体, 下一次在日本見!(此項畢)

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-03-31 21:19 | Comments(0)  

Taiwan先生へのメール-4

It was 5 years ago that you showed to us your grand design for 台日一家 which sounded so ideal yet so attractive. And I wrote as follows;
唐代詩人魏徴詩曰人生感意氣功名誰復論夫爲己死者多爲知己者死者少矣如今臺灣人士鼓勵大和男子復原國體我亦感其意氣表示以謝意

Without the concrete and forward way of thinking, a man is no more than a living corpse. It was you that had ignited this hope, and I have been very grateful for you all these years.

What we aimed at is not a outcome in a substantial, material world, but a fruit in a higher mental world, such as mutual understanding from the bottom of our hearts, which may not be popular among lower class people.

I sincerely hope that you will not lose any hope for the future of Taiwan, and that you will continue to advocate a sort of 台日一家思想 in Taiwan, in your own way.

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-03-30 20:41 | Comments(0)  

Taiwan先生へのメール-3

To tell the truth, one of my friends suffered a lot from political turmoil between DPP administration and KMT. I sent out a letter to him yesterday, to 問好 as follows;
総統選の結果は民進党候補惨敗の結果となりましたが、これが台湾の民意であり、これから少なくとも4年間は台湾は国民党政権の下にあることとなり、貴兄には風が良い方向に吹いて来たものと思います。国民党下の台湾は、嫌中という姑息な手段で住民を扇動するようなことをせずに、ありのままの中国に対峙して行くものと期待しております。

We, Japanese, already forgot hard times toward the present peaceful days in Japan, and do not want to know much about the nightmare of 228 or other tragic incidents happened in Taiwan before 80's.

In the meantime, I guess that in Taiwan some people's mind is going back and forth because political situation is against their ideal, after DPP failed to get 總統職.

Taiwan先生, do not fear anything, because you are living in the place where everything should be based on righteous standard, and not on the 一黨獨裁.

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-03-29 20:38 | Comments(0)  

Taiwan先生へのメール-2

I believe that Taiwan KMT administration will never be put in such a difficult situation as rejecting people out of Taiwan, just because they are doing a sort of negative campaign toward KMT.

We, Japanese, are accustomed to 性善説, therefore, we have no way but to watch carefully how new administraion shows off diplomacy for the neighboring countries.

Then, how about China? Frankly speaking, it is worthwhile for Mr. T to try to visit China before Olympics. If China is really so stubborn and intolerant that they do not allow Mr. T to come inside, we could say that they are not qualified as host country of Olympics.

Anyway, whom they accept or whom they do not accept do not count at all. If they really shut off the information from abroad systematically and if it works well, it is very serious. We have to pray for them.

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-03-28 21:49 | Comments(0)  

Taiwan先生へのメール

There is an optimism prevailing in Japan that Ma Yingjiu will not change the status-quo in terms of the relation with China. In other words, he will continue to build up better relationship not only with US but also with Japan.

Now that KMT won the 総統職, it is better for Japanese people to visit Taiwan frequently than ever, and to see the difference of policy between KMT and DPP.

Firstly, we will see how KMT handle 熊猫 issue properly or not. Secondly, how to widen the path to China economically. Thirdly, how to develop the identity of the people.

DPP failed in controlling the identity of the people, then will KMT control better than before? Can Taiwan people have genuine identity of their own, without relying on political powers? I will say that the people are not so good at pondering over far-off future, same as Japanese. But they know more than Japanese, how to behave themselves in order not to jeopardize their lives, I believe.

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-03-27 20:02 | Comments(0)  

馬英九氏の訪米問題について

香港フェニックステレビは中国共産党の御用会社であり、馬氏当選後は台湾に関する報道には事欠かなくなった。

本日は就任前の訪米問題について触れていたが、米中で調整する筈であるから、おいそれとは進まないことだろう。

いっそのこと、日本再訪を果すことの方が意義があるように思える。

当選前と当選後の待遇に目に見えた懸隔があるのは当然のことであるが、波風が立たないことを望む。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-03-26 20:22 | Comments(0)  

パンダの受け入れについて

馬英九氏当選以後の中国の外交攻勢は明らかとなって来た。

本欄で嘗て幾度も触れたパンダの寄贈が実現する運びとなって来ているらしい。

小生はパンダの受け入れに寛容であってよいのではと考えていたが、前政権では遂に実現しなかった。

最終的に如何(いか)なる形で、また如何なる歓迎振りで実現するかは、その時のお楽しみといったところである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-03-25 21:14 | Comments(0)  

日銀総裁選びについて-2

与野党の「交渉決裂」で、遂に日銀総裁空席と言うあってはならない事態に陥ってしまった訳ですが、これで野党、特に民主党は国民の支持を得て政権交代が近づいたと考えているとしたら、大間違いです。

確かに、「自分では何も決められない」福田総理率いる自公連立政権ですが、それを良い事に国会を混乱させ、ひいては国政に空白を生じさせている民主党の責任も又重いと言う可(べ)きでしょう。それもこれも日本が未だ「平和惚け」している証拠共言えます。

若輩且つ浅学非才の私から見ても、日本の政治家は余りにも不甲斐無い。目を外に転じれば、北鮮による拉致問題や核開発問題だけで無く、「第二のチベット動乱」で再び耳目を集めているチベット問題や、総統選で脚光を浴びた台湾問題等々。日本がコミットす可き外交問題は山積しています。

嘗て、支那にしろ、朝鮮にしろ、越南(ベトナム)にしろ、印度にしろ、日本は東亜の革命家・植民地解放主義者の本拠地にして、前線基地として機能し、日本の政財界も又、彼らを陰に日向に支援しました。その末裔である現代の日本人が、チベットに於ける民族浄化に目を瞑(つむ)り、台湾の置かれている現状を顧みないのは、正直言って恥ずかしいの一語に尽きます。

日本が、世界から笑われない為に、又、責任ある発言と行動を伴う大国として尊敬される国であり続ける為にも、日本の政治家諸氏は、ちまちまとした国内問題で痴話喧嘩をする事無く、大所高所から日本の周辺の諸問題を積極的に取り上げる可く、活動して頂きたい。そう思う次第です。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-03-24 23:15 | Comments(0)  

竹下台北訪問記-9

台北滞在二日目の夜は、古川さん、靖国英雄氏と共に、台北晶華酒店内の中華レストラン「蘭亭」で夕食を共にしましたが、前夜の台菜(台湾料理)にしろ、中華料理にしろ、こってりとした感じは全く無く、寧(むし)ろ日本で食すものの方が、油っこい様に感じられました。その後、古川さんと共に靖国英雄氏の自宅へ伺い、夜が更ける迄、日本語・英語・マンダリン(北京語)の三ヶ国語の「チャンポン」で様々な話をしました。(但し、私は日本語しか話す事が出来ませんが・・・)
c0058035_2243317.jpg
(圓山大飯店にて古川氏と共に)

こうして、私の初めての海外旅行にして、初の訪台は短期間だったものの、非常に有意義なものとなり、2月8日の午後便で帰国した訳ですが、皆さん、ご存じの通り、去る22日投開票の台湾総統選に於いて、野党・国民党の馬英九候補が、与党・民進党の謝長廷候補を破り、8年ぶりに国民党が政権に復帰する事が確実となりました。
c0058035_22445100.jpg
(ホテルのロビーで寛ぐ古川氏)

私は、日頃から赤化支那(中国)に対し、ウェブ『帝國電網省』やこのブログ『日臺一宇』等を通じて批判を繰り返しており、支那国内の「憤青」達からも敵視されています。その事を考えれば、私が北京空港から入境(入国)しようとしても、恐らく九分九厘、入境は拒否され、そのまま日本へ「送還」されるであろう事は目に見えています。(まあ、私は、支那へ行きたいとは更々思ってはいませんが)

ところで、今回、独立志向の民進党から、中台統一志向の国民党に政権が移る訳ですが、果たしてこの先、私は再訪台出来るのだろうか? 体制が支那寄りに振れる事で、何の問題も無く入境出来た台湾へ入境出来なくなる事は無いだろうか? 何時(いつ)再訪出来るかは分かりませんが、次の機会にも恙(つつが)なく台湾の土を踏める事を切に願いつつ、今回の訪台記を締め括ろうと思います。(了)

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-03-24 22:49 | Comments(0)  

馬氏当選による不動産市場活況について

本日の香港フェニックステレビニュースでは、「馬英九氏当選で不動産市場活況」を報じていた。

これからは、馬氏は中国共産党の広報に利用されるだろうが、台湾人の民意であれば致し方がない。

経済は国の大本であり、これなしには国は成り立たない。

今後の台湾経済の立ち直りに期待したい。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-03-24 20:09 | Comments(0)