<   2007年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

深川に 芭蕉を慕ひ来 夏の夢

これは、訪日中の李登輝・前台湾総統の俳句です。
李登輝氏、上機嫌で俳句 中国は訪日に「強烈な不満」

2007年05月31日18時56分

 中国外務省の姜瑜副報道局長は31日の定例会見で、台湾の李登輝前総統が訪日したことについて「目的は台湾独立を勢いづかせ、中日関係を破壊することだ」と改めて批判し、「日本政府が李登輝の訪日活動を許したことに強い不満を表明する」と語った。

 李氏が靖国神社参拝に意欲を見せていることについて直接の言及は避けたが、「歴史問題と台湾問題の適切な処理のための実際の行動」を示すよう日本側に求めた。

 一方、李登輝・台湾前総統(84)は31日、東京都江東区の松尾芭蕉旧居跡と同区芭蕉記念館を訪れた。「深川に 芭蕉を慕ひ来 夏の夢」。この日のために作った俳句を披露して上機嫌だった。

 植民地時代の台湾で日本人の中学教師から俳句を教わって以来、芭蕉の「奥の細道」を愛読してきた李氏は「日本文化の良さは、秩序と情緒と形式があって非常に自然とうまく調和している。今回の旅でもっと勉強したい」と話した。

 靖国神社への参拝については「兄をまつっている。60年間、行っていない。あなたならどうするか」と質問した記者に聞き返したが、行くかどうかは明言を避けた。

元記事:http://www.asahi.com/international/update/0531/TKY200705310273.html

支那の外圧に屈する事無く、今回、日本が李氏の訪日を受け入れた事は何よりです。

李氏は台湾の前総統(「総統」は英語では「President」。詰まり、前総統とは前大統領)── 国家元首 ── であった訳ですし、ましてや北鮮の金正日が如き犯罪者では無いのですから、本来、何の制約も設ける事無く無条件に訪日を許可す可きです。それが、親日家にして、隣国の国家元首経験者に対する儀礼と言うものです。

抑も、李氏は青春時代を「日本人」として過ごし、実兄を大東亜戦争で戦死と言う形で失った経歴を持つ人物です。その李氏が、実兄を英霊として祀る靖国神社への参拝を希望している事は、ごくごく自然な事であり、安倍総理をして「私人として当然信仰の自由がある。日本は自由な国だ。その中でご本人が判断されることだ」と言わしめたのも、当然と言えば当然の事です。これから実際に李氏が靖国神社への参拝を果たすか否かは分かりませんが、参拝しようが、しまいが、それは李氏自身が判断す可き事であって、中共の支那がとやかく口を挟む可き問題では全くありません。寧ろ、支那は今後、靖国神社に関する発言を一切す可きではありませんし、万が一、続く様であるならば、日本は日本として「内政干渉である」と一蹴す可きでしょう。

台湾では、与野党共々、次期総統選に向けて様々な動きがありますが、与野党どちらの候補が勝利しよう共、台湾公民の期待を裏切る事無き様、又、隣国である日本との関係強化を推進する様、希望して止みません。

何れにせよ、離日する来月9日迄、李氏の動向に目が離せませんが、同氏の日本滞在に関し、支那が騒ぎ立ててれば、騒ぎ立てる程、国際社会の台湾に対する注目・関心が高まる訳で、決してプラスになりこそすれ、マイナスにはならないでしょう。その意味では、私個人としては余り好ましいとは思いませんが・・・支那が台湾問題をより一層騒ぎ立てる方が、台湾と言う独立主権国家の存在を内外にアピール出来る訳で、支那にはもっともっと頑張ってもらいたいですね(苦笑)

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2007-05-31 23:25 | Comments(0)  

李登輝氏訪日について

李登輝氏成田到着の報道をテレビニュースにて見た。

日本語で話される様子は非常に好ましい。

靖国参拝が実現するか判らないが、国内で同問題の議論が再燃することに一助となる。

李氏の活動につき深読みすることは無意味である。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2007-05-30 21:43 | Comments(0)  

松岡農水相自殺について

政治家とは因果な職業である。

金銭疑惑の高まる中、松岡氏が自殺を以て決着を図ることとしたのは或意味では潔いと思う。

これで自民党も本腰を入れて参院選に臨むことが出来る。

それにしても、現政権はこれまでのところ前政権には及ばないことが明白となった。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2007-05-28 20:18 | Comments(0)  

日台動向について

蒋介石色を払拭しようとする正名運動の推進や行政院長の交代は、来年の総統選に向けた準備といえる。場当たり的対応を迫られる台湾にとっては、よくやっていると思う。

それに引き換え、日本では参院選が近いというのに、根本的な争点が見えて来ない。

年金問題は確かに重要かも知れないが、所詮為すなき老人達の余生への配慮に過ぎない。

平和ボケは未だに進行している。何と有難いことではないか。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2007-05-27 08:02 | Comments(0)  

フランス瞥見

7泊9日の駆足の旅より去る21日帰国した。

活気のあるパリは風光明媚の南フランスに勝る。TGVは日本の新幹線にサービスの点では及ばない。

フランス語に固執する国民には敬服する一方、その頑なさには時に辟易する。

サルコジ新体制のフランスはうるさ型の国民による洗礼を徐々に受けることだろう。移民問題は歴史上止むを得ない。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2007-05-23 19:53 | Comments(0)  

メール紹介-5

日本では、左派の良い子振った忠告や右派の扇動的憂国の情に、国民は最早鈍感となってしまい、ロシアのことは訳が判らず恐いとして忘却、中国のことは親日に変わったと都合の良いように解釈、韓国のことは相変わらずうるさくダサイとして完全無視、北朝鮮問題は米中にお任せといった状態のように感ぜられます。日本政府はこうした国民のレベルを十分に尊重し、バスに乗り遅れないよう焦る余り、過多な情報にまどわされ不用意な決定をしないようにするのが得策と言えます。これが無知から来る開き直りか、無関心とやる気のなさから来る無為無策と言えるのかについては、後世の史家の評価に待つしかないことでしょう。仮に、後年誤った情勢判断であったとされても、ジタバタして空回りをしていたというそしりは少なくとも免れることでしょう。

貴メールマガジン、引続き楽しみにしております。

妄言多罪

古川 宏
古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2007-05-20 20:03 | Comments(0)  

メール紹介-4

「またいまや日本でもマスコミの寵児となったエマニュエル・トッドが、2002年に著した「帝国以後-アメリカ・システムの崩壊」(石崎訳、03年、藤原書店)も、同様です。彼は、ソ連崩壊を予測したとされて有名ですが、その論拠については眉唾です。それはさておきその彼が、今度はグローバリゼーションの元凶たるアメリカを標的にして、いまや崩壊の途上にあると宣告するのですから、穏やかではない。経済的依存関係の増大と、民主主義の推進力の衰弱とが、その論拠だとしています。イラク戦争の失敗で、アメリカが苦境に陥っているのは確かでしょう。だがアメリカが崩壊途上にあるなど、私には想像を絶しています。皆様の多くも眉唾だと思われるのではないでしょうか。少なからざるフランス市民が、また日本の知識人の多くがご託宣の成就を願う、という深層心理は私にも容易に想像できます。ドイツ語起源のシャーデンフロイデ Schadenfreide という表現がぴったりでしょう。「他人の不幸を見て喜ぶ」気持ちです。知識人が影響力を誇るフランスで、「啓蒙エリート」や「共和派知識人」と呼ばれる反体制派エリートは、政府とともに現実に目を背け、説明責任を果たそうとはしません。自らの責任を転嫁し、外部の悪魔を血祭りに上げる。フランス革命以来の悪しき伝統なのでしょう。」

ところで、北朝鮮問題について言えば、拉致に対する国内世論が盛り上がらない中(政府広報、テレビCMへの反応が今一つというのは、ほかにも多くの悲惨な事件があることの裏返し)、慰安婦問題(忘れた頃にやって来る)が蒸し返される等、謀略とも思われる情報工作が進行しておりますが、スネに傷をもつ日本としては、これも致し方なく、事務的に付き合わせられている米国議会のお節介と売らんかなの彼我メディアの商法には目をつぶって、有難く拝聴し、肯定も否定もしないという御家芸の曖昧・無策戦略に落ち着くことになるのではと考えます。
古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2007-05-18 07:18 | Comments(0)  

メール紹介-3

次に、イラク問題についていえば、日本は国際的に矢面に立つことなく、国内的には自衛隊員に犠牲者を出すことなく撤収出来、防衛省昇格や海外活動の恒常化につながったのは副次的収穫でした。

イラクに大量破壊兵器がないことは増田俊男氏等も戦争前にしきりに説いていたことであり、小泉首相以下うすうすと気付いていたのではないでしょうか。米国の罠に気付きながら従うというのは、決して国益を損なうものではないと思いました。原油高騰で潤ったロシアも同じ穴のムジナとも言えるでしょう。

「学士会会報」には、長部重康氏(法政大学教授)の「フランスの九月十一日と大統領選挙」と題する講演録があり、その中に次の通りあるのが印象的でした。
古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2007-05-16 20:28 | Comments(0)  

メール紹介-2

 「ロシアの存在は日本にとってはゼロに等しい。ロシアとの貿易額が日本で 占める割合はほんのわずか。最近、一部の企業がロシア進出に意欲的だが、 それは日米・日中の関係と比較できる水準からはほど遠い。最近、日本と の間に平和条約など必要ない、ロシアは日本を必要としていないなどという声がロシア側から聞こえてくる。ならばこう答えよう。ロシアには金がたっぷりあるのだから、沿海地方まで自力でパイプラインを引きなさい。石油の値段が安ければ買ってあげますよ。中ロ関係は今、歴史的に最高。どうぞ中国と永久に仲良くしてください。」

上記は、昨年12月13日、岩下氏の著作の大仏次郎論壇賞受賞報道(朝日新聞)が、当日、衆院外務委員会での麻生外相の「フィフティ・フィフティ」、面積折半論の示唆的答弁を招き、岩下氏がかなりのバッシングを受けたことによる、「物言えば唇寒し」といった弁明とも受け取れます。意外に多い愛国的日本人の狭量さに屈服した知識人岩下氏に同情するものです。

日露関係は、一部の政治家や学者が膠着状態打開案を示すのを横目にみながら、実際は何もせず、現状のまま推移するしかないのでしょう。日本とロシアは、当面はお互い媚びることなく他人の関係でいるのが、あるべき姿であり、現実的選択ではないでしょうか。
古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2007-05-13 20:41 | Comments(0)  

メール紹介-1

本日より5回に分けて、小生が去る3月下旬に、あるメールマガジン発行者宛送ったメールの内容をご紹介する。ご参考とならば幸いである。
毎号興味深く拝見しております。

高齢者として世の推移を冷静に眺めてみれば、有為転変・波瀾万丈の中に真贋が見え隠れする有様に、正に人間社会の業の深さと人生の妙なる調べを玩味しつつある今日此頃です。

さて、先日送付されて来た「学士会会報」に、対露妥協派と目され、バッシングの対象となったと自ら称する岩下明裕氏(北海道大学スラブ研究センター教授)が、「北方領土問題とアカデミズム」と題し、「私はしばらくの間、北方領土問題から足を洗いたい」と結んだ寄稿がありました。

詳細は略しますが、その中で、昨年10月19日にモスクワで開催された日ロフォーラムの冒頭、同氏が次のように発言し、ロシア人出席者の多くはこれを遺憾とし、日本側の出席者からは「よくぞはっきりと言ってくれた」と誉められたということを記しております。
古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2007-05-12 17:54 | Comments(0)