「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

中川昭一氏の発言について(2)

<中川政調会長>「中国の省になるかも」軍事費増大懸念示す

[ 毎日新聞 02月26日 19時25分 ]

自民党の中川昭一政調会長は26日、名古屋市内で講演し、中国の軍事費増大に警鐘を鳴らし「台湾がおかしくなったら、20年ぐらいの間に、ここ(日本)は中国の何番目かの省になるかもしれない」と発言した。危機感をアピールする狙いとみられるが、安倍晋三首相が中国と戦略的互恵関係の構築を目指すなか、党三役の刺激的な中国脅威論は影を落としそうだ。

防衛白書によると、中国が公表している国防費は18年連続で2けたの伸びを示している。中川氏は「核の費用や研究開発、武器輸入の予算は入っていないから、合算すればどれだけの軍事力を増強しているか。とても大事な状況だ」と指摘。

その後、国会内で記者団に「10年の上海万博が終わると、中国は非平和的に台頭してくる可能性がある。台湾が完全に勢力下に置かれたら、次は日本ということになりかねない」と強調した。【坂口裕彦】

元記事:http://www.excite.co.jp/News/politics/20070226192500/20070227M10.026.html

これが昨日、古川さんが取り上げたニュースですが、私もこの件に関して私見を述べたいと思います。

中川昭一・自民党政調会長は、今後20年ぐらいの間に・・・と述べましたが、私は其処迄、現在の体制の「中国」と言う国家が保つとは到底考えられません。一番早くて、来年(2008年)の北京五輪を迎える事が出来るかさえ怪しいと考えています。

とは言え、支那(中国)が、建国以来の悲願である両岸統一(台湾併合)をそう易々と諦める筈が無く、イラク問題で手一杯で、北鮮やイランに迄手を伸ばす事が出来ないでいる米国や、弱腰外交がすっかり見に染みついてしまっている日本の足下を見透かして、台湾に侵攻しないと言う保証は全くありません。寧ろ、臨海部と内陸部の格差(支那国内に於ける南北問題)、現実経済とは乖離したバブル経済、党・官吏に蔓延る深刻な迄の汚職と拝金主義、最早自浄可能な域を超えてしまった環境破壊・汚染問題等々。国内に目を向ければ課題は山積している状況では、「外」に目を向ける事でしか求心力を維持出来ない中国共産党にとって、両岸統一の達成は、建国以来の偉業であり、胡錦涛政権にとっては毛沢東ら革命第一世代に並び、又、彼らを超える事にもなる訳です。「やぶれかぶれ」と言う言葉がありますが、山積する課題から人民の目をそらし、建国以来の悲願を達成する意味からも、台湾侵攻を企てる可能性は大いにあります。

翻って、日本はどうか? 日本は中華人民共和国を承認し、中華民国(台湾)と断交。米国の様に「台湾関係法」の様な法律も未整備。地政学的に見ても、日本の国防上、重要な位置にあるにも関わらず、歴代政権は余り関心を払ってこなかった等々。私から見れば、「平和ボケにも程がある」お粗末な状態が続いてきた訳で、中川氏の発言は大いに歓迎す可(べ)きものと言えます。

「日本が中国の何番目かの省になる」等と言う事は、絶対にあってはならない事ですし、、その様な状況に陥らぬ様、国民の負託を受けている国会議員に要求し、圧力を掛けていく事が国民としての義務では無いかとさえ思っています。(その点では、支那に媚び売る河野洋平氏等は、正に万死に値する国賊と言え、一日も早く政界から排除す可きである) 日本・台湾・支那の今後がどの様に推移するかは別として、中川発言が起爆剤となり、この問題に対して常に関心を払う政治家が一人でも多く増える事を願いますし、そう言った政治家(及び国民)がいる限り、日本がそう易々と支那の軍門に降る様な事は無いだろうと信じています。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2007-02-28 20:34 | Comments(0)  

株価急落について

昨日の上海株の大幅安を受け、米国・日本共に株価は急落、全面安となった。

日経平均18,000円台回復から6日しか経っていない。

先行きの経済の見通しは日々変わるが、株価への反映は急激なときもある。

これからの動きが楽しみである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2007-02-28 17:27 | Comments(1)  

中川昭一氏の発言について

中川昭一氏が26日、講演で、
あと15年で台湾がおかしくなったら、日本は中国の何番目かの省になるかもしれない
と述べたという。

あと15年とは2022年であり、そこまでの長期的な観点で情勢を見越していれば、十分な対応は出来る筈である。

それにしても、台湾は防波堤であることは間違いない。

微笑外交に対するには、疑念・臆病を以て応ずるに如かず。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2007-02-27 21:18 | Comments(1)  

台湾総統選について

台湾の行政院長(首相)蘇貞昌氏が来年3月予定の総統選に名乗りを上げた。

民進党では3人目で、漸く役者が揃った観がある。

国民党候補に太刀打ちできる目算は果してあるや否や。

北京オリンピック開催前の中国に「花を持たせる」のは何(いず)れの党か。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2007-02-26 20:38 | Comments(1)  

米下院慰安婦決議案について

フジテレビ「報道2001」の慰安婦問答および議論の模様を見た。

古証文を出して来ては、いわれなき「原罪」を以て威圧を加えられるとは、日本国も見くびられたものだが、米下院議員との問答は次元の低い「禅問答」であったし、日本人同士の議論のレベルは更に低かった。

「言った、言わない」、「やった、やらない」の次元を永遠に続けている限り、問答・議論共に果てしない。

米国の民主主義というものは、お節介好きの票取り合戦と割り切ってみれば、腹も立たなくなる。笑止千万である。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2007-02-25 19:53 | Comments(2)  

新憲法確定待望について

天下太平、霽(は)れて何事もなし、といった状況ともなれば、新憲法の確定が望まれる。

若い頃から退職後のことを心配したり、幾ら年金を貰えるかについて計算したり、といっただらけた国民の精神状況を打破するには、新憲法を以て国家目標を明示するに如かず。

とはいえ、国民投票といった形式にとらわれている限り、中味のある憲法は期待出来ない。

「和」を以て貴しとなす、というのは無責任体質の根源なのか。大言壮語は困るが、小心翼々として国策を誤るのも考え物である。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2007-02-24 18:40 | Comments(1)  

衆院予算委集中審議について

衆院予算委集中審議で厚生労働関係が興味深い。

厚労相は相次いだ失言にもかかわらず歯切れが良い。

キャノンの偽装請負問題は根深いものがあり、良しあしである。

首相答弁では、支持率下降の理由がよく判る。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2007-02-23 23:24 | Comments(1)  

株価上昇について

日経平均が18,000円を、TOPIXも1,800ポイントを超えた。

日銀の追加利上げ発表でアク抜けしたとのことで、幸先は確かによい。

格差云々の暗い話はほどほどにして、東京マラソン同様、少しはまともな話題がほしい。

日本人は元々前向きな民族ではなかったのか。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2007-02-22 20:23 | Comments(1)  

東京マラソンについて

18日開催された東京マラソンの評価は様々だろうが、久々に明るい話題を提供してくれた。

チップにより走行距離や位置確認を行う機器の先進性はいわずもがなのことであるが、整然とした日本人の民度の高さを表わしたものだと感じた。

政治外交にメリハリがない中で、唯一の救いはスポーツ振興位か。

ともあれ、無事に終了したことは大いに結構なことである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2007-02-19 21:54 | Comments(1)  

大久保界隈所感

昨日、中国・韓国人の商店が軒を連ねている大久保(新宿区百人町)へ所用のため行って来た。初めてであったので、別世界の趣もあったが、確かに活気はあった。

キリスト教布教に腐心する教会活動に対する批判を聞いた。表面上は異国に暮すことの不安を解消する対策を提供するが、その強引な勧誘と献金システムが日本語学校でも問題となったようである。

また、日本人で大久保を訪れるような人達で、中国贔屓の人達は本土も台湾も区別していないように見えた。

月並な表現ではあるが、中韓が渾然一体となって、政治抜きの独特の雰囲気を醸し出しているのが大久保だと感じた。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2007-02-18 18:03 | Comments(1)