<   2006年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

平成十九年を迎えるにあたり

胡錦涛主席、海軍の防衛作戦能力の向上を指示

 胡錦涛国家主席(中国共産党中央総書記・中央軍事委員会主席)は27日、海軍第10回党代表大会の代表と会見した。胡主席は同大会の報告を受けた後、「わが国は海洋大国だ。国家の主権と安全を守り、わが国の海洋権益を守るうえで、海軍は重要な地位にある」と強調。▽中国の特色ある軍事変革の必要に照らし、海軍の建設モデルの全体的な移行を推進し、情報化環境下の海軍の防衛作戦能力を向上させる▽要員育成というカギを捉え、各級各類の新たなタイプの軍事要員の育成に力を入れる▽法律に基づく軍の統制、厳格な軍の統制の方針を堅持し、安全発展理念を堅固に確立し、科学的管理をたゆまず強化する――ことを指示した。(編集NA)

「人民網日本語版」2006年12月28日
URL:http://www.people.ne.jp/2006/12/28/jp20061228_66420.html

支那は生粋の大陸国家(ランドパワー)であり、明代の鄭和艦隊の遠征を除けば、「陸軍国」として存在してきました。その支那が資源・エネルギー問題、食糧問題等の抜本的解決と国家の発展 ── 当然、台湾への軍事侵攻・併合も含まれる ── を企図して、外洋型大海軍の建設を内外に宣言しました。曰く、「わが国は海洋大国だ」と。然し、その結果が一体どの様な事態を招くのかについて、支那は固より日本でも国民レベルであまり関心が払われている様には感じられません。

翻ってみれば、幕末維新の激動を経て産声を上げた「大日本帝国」は、北の脅威であった当時の超大国・帝政ロシアの南進を阻止すべく、日清戦争で朝鮮を独立させ(結果的には、朝鮮が崩壊寸前だった事と独立の気概が無かった事で日本との合邦 ── 事実上の併合 ── となったが)、日露戦争では関東州(旅順・大連)の租借と、南満州鉄道沿線(満州)の権益確保を実現。ロシア・支那との「緩衝地帯」としての朝鮮半島を確保すると同時に、半島の前衛であり、且つ、ニューフロンティアとしての満州へ多くの開拓団を送り込みむ政策を推進しました。然し、日本は朝鮮半島から満州、更には北支(華北)へと進出する過程で、支那との間に様々な軋轢が生じ、その結果、支那事変(日中戦争)へと突入していきました。これは、地政学的には、海洋国家(シーパワー)である日本が、大陸国家である支那の「シマ」を侵食した事で生じた、一種の勢力(圏)争いであったと見る事が出来ます。ならば、この反対も当然起こると見るべきです。

現在、支那は東支那海の日支中間線付近でガス田を開発し、商業ベースでの生産開始も視野に入っている状況です。その上、日本領土である尖閣諸島の領有権を主張し、海軍の近代化推進、ロシアとの合同軍事演習の実施等、急速に「海洋大国」として海の支配をも目論んでいます。然し、これは裏を返せば、大陸国家である支那が、海洋国家である日本や台湾の「シマ」を侵食している、と言う事でもあり、先の戦争とは全く逆の立場で勢力(圏)争いを演じている、と見る事も出来ます。

先の勢力(圏)争いが結果的に両国の全面軍事対決に迄発展した事を見れば、支那による尖閣諸島侵攻にしろ、台湾の「武力解放」にしろ、遅かれ早かれ、日本と支那が再び全面軍事対決に至るであろう事は、一種「既定路線」と言っても過言では無いでしょう。

支那が台湾へ軍事侵攻しても知らぬ存ぜぬ、対岸の火事宜しく高みの見物を決め込むのだとしたら、日本はお仕舞いです。どんなに高性能のイージス艦を保有していようが、世界トップクラスの対潜能力を誇っていようが、いざと言う時に、「やる」気概を持ち合わせていなければ、戦う前から敗れたも同然です。

他人から、やれ偏見だの、やれ人種差別だの、と言われようが私は構わない。日本人である私は、例え何があろうが、「中国人」にだけは決してなりたくは無い。その為にも、祖国日本の為に警鐘を鳴らし、日本の前衛である台湾が支那に併呑される様な事が起こらぬ様、合わせて警鐘を鳴らし続けていきたい、と思います。

今年はブログの名称を『台灣之聲』から『日臺一宇』へと変更しましたが、常に寄稿頂いた古川さんの功績には大きいものがあります。この場を借りて感謝の意を表すると共に、今後共、寄稿・助言をお願いする次第です。又、今年一年、『台灣之聲』改め『日臺一宇』を閲覧頂きました読者諸兄に感謝を述べますと共に、来年も本年同様、『日臺一宇』を応援頂きます様、心よりお願いしつつ、本年最後の投稿とさせて頂きます。本当に有り難う御座いました。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2006-12-30 21:57 | Comments(0)  

台湾南部地震で改めて気付かされたもの

台湾南部地震で国際通信に障害 国際ローミング不通に

2006年12月27日20時14分

 26日夜に台湾沖で発生した地震の影響で、日本やアジア諸国などの間の国際通信に障害が発生し、企業向けのデータ通信や海外通信会社との携帯電話の相互接続(国際ローミング)ができなくなっている。台湾沖の海底ケーブルが損傷を受けたためで、通信各社は迂回(うかい)ルート確保など復旧策を急いでいるが、完全復旧の見通しは立っていないという。

 NTTコミュニケーションズは27日、日本と台湾、シンガポール、インドネシアなどを専用線などで結ぶ企業向けデータ通信サービス198回線が不通になったと発表。KDDIも290回線、ソフトバンクテレコムも42回線が不通になった。

 NTTドコモの携帯電話の国際ローミングサービスは台湾、シンガポールで使えなくなり、中国、香港、インド、オーストラリアなど18の国・地域でも使えない可能性がある。KDDI(au)やソフトバンクモバイルの同サービスでも同様の障害が起きているという。

 一般の国際電話も回線の混雑で一部でつながりにくくなっていて、国際フリーダイヤルや国際プリペイドカードもアジア諸国で利用できなくなっている。インターネット接続も、一部でつながりにくくなったり、遅延が生じたりしている。

 ロイターから株価情報の配信を受けているインターネット専業証券などにも影響が出た。SBIイー・トレード証券、楽天証券は、午前中の取引から国内や外国株式などの株価情報更新が停止。

 松井証券、マネックス証券では午前中から中国株の取引画面が表示されにくくなったり、発注しにくくなったりする状況になっている。

asahi.com URL:http://www.asahi.com/national/update/1227/TKY200612270324.html

26日、台湾南部で発生した大規模地震の影響は、人的・物的被害に留まらず、インターネットや国際電信電話の不通やトラフィック制限等、情報分野でも多大な影響を及ぼしています。更には、銀行のオンラインサービスが機能停止したり、海外市場との証券取引が出来なくなったり、と言った具合に、金融証券市場にも影を落としました。

これら一連の影響は台湾沖に敷設されている海底ケーブルの損傷によるもので、ここを中継点に、日本・台湾・韓国・支那・米国と、東南アジア諸国・豪州・印度を接続している「情報の大動脈」が寸断されてしまいました。

私は予(かね)てから、台湾が日本と中東・南アジア・東南アジア地域とを結ぶシーレーン(海洋交通路)の要衝であり、日本が物流に於ける安全保障の点から、台湾との関係を強化する事、又、台湾を防衛する事自体が、ひいては、日本を防衛する事でもある、と指摘してきました。然し、今回の騒動で又一つ重要な要素が加わった様な気がします。それは突き詰めれば、「サイバー・ディフェンス」とでも言えば良いのでしょうか。

複数の海底ケーブルが交差し、そこを介して、東・東南・南アジア諸国と米国・豪州が結ばれている状況は、台湾がさながら情報通信の十字路であり、戦略的要衝である事を意味しています。

台湾が支那に併呑されれば、即ち日本が、日本にとって極めて重要なシーレーンを喪失する事を意味する訳ですが、それと同時に、サイバー・ディフェンスの戦略的要衝をも喪失してしまう。その事を、今回の台湾の地震によって改めて気付かされた気がします。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2006-12-29 21:29 | Comments(0)  

今年のblog『日臺一宇』を振り返って

今年の日台の状況で特筆すべきは、日本では政権末期の首相が8月15日靖国参拝を敢行し、国民が溜飲を下げたのに対し、台湾では春先からの「終統」問題から始まり、総統の不正疑惑等で混乱を極め、冴えない動きが続いたことである。

日本では新政権の順調な滑り出しの後、人事問題が噴出しており、前途多難な要素も出て来た。今後、台湾同様、中国に翻弄・籠絡されるという不安は完全に払拭されていない。

兎もあれ、blog『台灣之聲』は10月末に『日臺一宇』と名称を変え、発足後2年目を間もなく終える。今年は、「靖国英雄」氏より紹介された戦前台湾の写真集も一つの趣向であった。

読者各位におかれては、恙無く新年を迎えられることをお祈りする次第である。尚、小生分については1月4日より再開予定につき、乞御了承。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2006-12-29 12:24 | Comments(1)  

政権の揺れについて

年の瀬を控え、人事面からの政権批判が依然くすぶっている。

老獪な策士が政権内部にいないことが原因なのか、反対派が予(あらかじ)め用意していた陥穽(かんせい)が偶々奏功しているだけなのか。

こうした状態が長く続くと他国からも侮(あなど)られることになる。

一旦死に体となった後、挽回の可能性はあるのか、注目したい。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2006-12-28 21:04 | Comments(1)  

社会問題について

社会問題は事件が頻発してマスコミが追及する段階で始めてクローズアップされるものであるが、一旦収まると何事もなかったかの如く忘れてしまうのが世の常である。

昨年あれだけ話題となった耐震偽装問題は、地震で実際の被害が出ない間は、ただの空騒ぎであったということになる。

いじめ問題の深刻さも理解出来ない訳ではないが、被害者意識のみが報道され、一人歩きしているような観もある。

物事の本質とその根源を把握するのはもとより、根本的対策を実施するのは更に難しい。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2006-12-27 20:52 | Comments(1)  

台湾新幹線について

台湾新幹線が来年1月に開業するという。

待ちに待ったという感じもするが、日本の新幹線のハード・ソフトの一括発注ではなく、各国へ分けて発注されたということで、円滑なスタートが出来るのか、予断を許さない。

開業がいくら遅れても、バンコクの事故や韓国の不具合のようなことが起こらないことを祈るのみ。

台湾新幹線の評価如何によって、日台関係が影響を受けることはないのは確かである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2006-12-26 19:46 | Comments(1)  

マスコミの皮相さについて

マスコミに未だ「権威」があった1980年代は、横並びの一斉報道でも十分納得したように記憶している。

当時、その浅薄さに気付いていた人達もいただろうが、これ程信頼性が低下するとは思わなかった。メディアと呼ぼうが、マスメディアと呼び直そうが、同じことであ
る。

そうはいっても、マスコミなしでは大方の情報を得ることは出来ない。

与論誘導や一方通行の報道は今に始まったことではないので、個々人にマスコミの皮相さを看破するだけの洞察力が求められるが、言うは易く行なうは難し、である。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2006-12-25 21:00 | Comments(1)  

体制維持について

今回六ケ国協議の不首尾、国連イラン関連決議の中露による曖昧化、イラク問題の膠着化、どれをみても国際情勢は一筋縄では行かない。

各国とも面子よりも現体制維持に必死になっているように思える。

外交面の失策が内政の不安定要因となるが、逆もまた真なり。

国連という組織が機能しているだけでも、国際平和には一定の貢献があるのだろう。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2006-12-24 16:03 | Comments(1)  

天皇誕生日に思う

平成の御世となり、間もなく満18年、天皇誕生日に当たり思うことは、天皇の国家の安寧を願い、国民と休戚を共にするという精神的な貢献である。

庶民の分際では、国家の安寧に思いを致すような高い意識を常にもつことには自ずと限界がある。

日々の大小の事件・事故のニュース報道を対岸の火事視しつつ、小さな殻の中で生きていることを余り意識せずに、馬齢を重ねて来た自分自身を深く反省するものである。

せめて、歴代天皇の御製をたずね、高邁(こうまい)なる精神を涵養することを心掛けることとしよう。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2006-12-23 21:33 | Comments(2)  

政府税調会長辞任について

四面楚歌並となった政府税調会長の辞任が決まった。

日銀総裁のときとは異なり、排除する側と擁護する側それぞれに控える政治家連の力関係の均衡が崩れてしまった。

名誉職につく人達は仕掛けられた陥穽に気をつけておかねばならないし、人材を登用する側も身辺調査を十分に行なっておくことである。

今回のことは、絶えず繰り広げられている権力闘争の周辺での椿事に過ぎない。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2006-12-22 17:35 | Comments(1)