「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

嗚呼、何たる体たらく・・・支那の顔色ばかり窺う日本

日台関係筋によると、今月初め、台湾側から5月上旬から中旬にかけ、5~6日程度の日程で、愛知県で開催される万博「愛・地球博」の会場や、東京都内の大学、福祉施設等の見学を目的に、陳水扁・呉淑珍総統夫妻の来日について、日本政府に打診してきたと言う。しかし、小泉純一郎総理の「靖国参拝」問題(日本にしてみれば、別に問題でも何でも無く、支那の一方的な「言いがかり」である)で冷却化している日支関係が決定的に悪化する事を懸念した日本政府・外務省は、陳総統の来日(つまりは「査証発給」)は困難との判断を台湾側に伝えたと言う。そして、25日の記者会見で、細田博之官房長官が、観光目的が明確な場合に限り、呉淑珍総統夫人の来日を認める旨発言した訳ですが、嗚呼、何たる体たらく・・・と改めて自国政府・外務省の不甲斐なさに呆れると同時に、憤りを感じました。

確かに、外交関係が冷却化する事は、政府・外務省からすれば好ましい事では無い、その事は私も理解出来ます。しかし、理不尽な要求に応じて迄、媚び諂って迄、外交関係を保とうとする、その方が余程、問題でしょう。そんな事で維持される外交関係は単なる「屈辱外交」でしかありません。ましてや、小泉総理が靖国神社を参拝しようが、しまいが、それは日本の「国内問題」であって、支那がとやかく言ってくる筋合いの問題ではありません。これこそ、正に支那が一番嫌っている「内政干渉」そのものです。

台湾要人の来日問題も同様です。政治的発言は認められないとか、「観光目的」ならば云々、と言った制約を付ける事自体がそもそもおかしな事です。政治的だろうがなんだろうが、「発言」は発言であり、そもそも日本は「言論の自由」を保証している国家である訳です。その日本が李前総統にしろ、今回の呉淑珍総統夫人にしろ、まるで前科者でも扱うが如き制約を課し、それに従うなら査証を発給する等とは、何たる事か。

台湾の「総統」は、英語では"President" ── つまり和訳すると、「大統領」である訳です。つまり、李前総統は「李前大統領」、陳総統は「陳大統領」である訳です。一国の国家元首の訪問に対して、様々な制約を課し、それを守るならば査証を発給する等とは、国際儀礼上も非常に無礼な話です。そして、その「無礼」な事を台湾に対して平然と行っているのが、日本政府であり、外務省である訳です。

「靖国参拝」問題で冷却化している日支関係が決定的に悪化する・・・だとしたら、一度、決定的に悪化させてみてはどうだろうか? 最終的に困るのは、日本では無い。支那の方なのだから。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2005-02-27 21:30 | Comments(1)  

投稿「台湾側の覚悟について」に対する反響について

先日、台湾より次のメールが届いた。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇


Dear Mr. Furukawa,

Regarding your article「台湾側の覚悟について」,
仮に、同海域で日中両軍が対峙した場合、台湾軍は静観するのか、日本側に味方するのか。

I would humbly convey my personal message to Japanese people who are interested in this question, as follows;

WE SHALL JOIN YOU AND FIGHT AGAINST THE CHINESE.
IF ALLOWED, I'D LIKE TO JOIN THE IMPERIAL NAVY AS ONE OF THE JOINT STAFFS TO WIN THE BATTLE. MY FATHER WOULD BE VERY PROUD OF ME AND HAPPY THAT I MAKE HIS DREAM COME TRUE. ( IF I DIE, SAVE A SPACE FOR ME AT YASUGUNI). I SUGGEST THAT BOTH NAVIES WORK TOGETHER CLOSELY. ( COUNTERMEASURE /STRATEGY / AIR AND SEA JOINT STRIKE / MINE LAYING /.....ETC.)

◇ ◇ ◇ ◇ ◇


小生はこれに対し、感嘆措く能わず、次のメールを送った。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇


Thank you for your comment on my article.
I fully appreciate your aspiration toward Japan-Taiwan collaboration. In addition, I would like to point out that your understanding for the former regime of Japan is hard to share among contemporary Japanese. Paradoxically speaking, it means that the notion which is summed up in the name of Bushido or Yamatodamashii, is, in fact, one the most precious thing in the world nowadays. We should not forget the terms once forbidden to use by GHQ. We have to cherish those terms forever, to commemorate the glorious achievement brought by the strenuous efforts of our forefathers.

Greater East Asia Co-prosperity Sphere 大東亜共栄圏
Greater East Asian War 大東亜戦争, instead of 太平洋戦争
Universal Brotherhood 八紘一宇

◇ ◇ ◇ ◇ ◇


これが意味するところは読者ご自身にて熟考されんことを切に望む次第である。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2005-02-27 19:55 | Comments(0)  

政治体制と台湾の帰趨について

1993年、日本では古今無比の無能な宮沢・河野コンビの失体を嘲笑するかの如き新党ブームの中、近衛文麿の孫、熊本藩主細川家の後裔、細川護熙氏を首班とした連立内閣発足、「55年体制の終焉」と称して、左派系の暴走がここに始まった。以後、1998年に自民党橋本首相の参議院選挙敗北による退陣に至る5年間というもの、日本は狂っていた。

細川談話、阪神大震災、オウムサリン事件、戦後50年の謝罪決議、ペルー人質事件、金融危機に続くマネー敗戦、男女を問わぬ茶髪の流行等々、思えば、在日朝鮮人や同和出身者が国政の中枢に入ることを許した当時の日本の民主主義自体に問題があったのである。外交面では、土下座外交の継続、慰安婦・強制連行問題等反日行動の再燃は目を覆うばかりであった。

1993年8月、小生は台湾に行き、台湾での「新党ブーム」をテレビにて知った。鵝鑾鼻にて蒋介石の大陸に向かって立つ銅像を見た。「2.28事件」の真相を初めて知った。

1996年、台湾の総統選挙を機に中国によるミサイル演習のことがあった。小生は当時、香港・広東・福建に毎月2週間程度滞在していたが、福州空港にはシートで覆われた戦闘機が配備され、何となく物々しかった。厦門(アモイ)で民間人に、また福州軍区の兵士に本当に「打台湾」するのか聞いたが、彼等は皆否定していた。

さて、台湾の有志諸君、あなた達の敵は決してミサイルの照準を台湾に合わせている中国人民解放軍、またその背後にいる共産党幹部ではない。1993~1998年の日本の例の通り、緊張感を欠いた政界中枢に浸食した不逞の輩が日本国を崩壊せんと意図した如く、民主政治体制の世の中では、集票結果により、政治を如何様にでも動かすことが出来る。亡国も興国も紙一重であり、大衆を侮ってはならないのである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2005-02-25 19:08 | Comments(0)  

中国ビジネスと台湾の帰趨について

「政冷経熱」といわれる。国家間の外交関係は別にして、日中の経済が年々深化しているのは事実である。民間ビジネスを国家が制限するのは余程のことがない限りはあり得ない。大連において商業施設の工事費用(請負契約の解釈如何)を巡り、一審で敗訴した清水建設が、中国の最高裁に当たる中国最高人民法院に上訴したとの報道を読んだ。これは民間レベルの問題であり、国が乗り出し、外交問題にすべきことではない。ビジネスにリスクはつきものであり、個々の企業がその負担をする。

台湾の場合、対中貿易の意味は日本とは別の面で甚だ大なるものがあると思う。なぜなら、殆どの台湾人は大陸人とその血筋を同じくするからである。内省人の家庭で話されている台湾語は、対岸で話されている閩南話(minnanhua)とほぼ同じである。公式語である台湾の国語は、大陸の普通語と発音と言い回しに若干の違いはあるが、ほぼ同じである。血筋も言葉も習俗も同じであるが、雰囲気が異なる。雰囲気が異なるのは、政治体制と教育による。

1997年、香港は祖国中国に返還された。香港には新界以南九龍までの大陸部と香港島とに分かれる。香港人の殆どは広東人と血筋を同じくし、通常話されている広東語は広東省一帯で通用する。香港人と広東人の関係は台湾人と福建人の関係に似ているが、勿論前者の関係の方がより緊密である。

香港程ではないが、中国ビジネスを基本とする台湾の帰趨については、香港を「鑑」として、台湾の公民自身が決めるべきことである。共産党政府をはじめ、他国がいろいろと干渉、お節介すべきではない。他方、我々日本人は、日本政府にも本音と建前があること、また国際情勢の変化に応じてそれらは変化することを汲み取る必要がある。例えば、かつて有事立法制定の際、有事の範囲に台湾を含むと明言出来なかった政府が、昨今実質的にこれを認めた類である。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2005-02-24 19:12 | Comments(0)  

歴史の見方と台湾について

6年前のことになるが、歴史の好きな弁護士兼事業家であった鹿島曻(1926-2001)氏の一見、荒唐無稽と思われる内容の著書に初めて接したとき、驚いたことを覚えている。同氏の論点は次の3点に要約出来る。

  1. オリエントと東アジアは古代、海(海のシルクロード)及び陸(タイのバンチェン経由)を通じて実際には広汎な移動、交流があった。

  2. 日中韓の古代史にはそれぞれ捏造した部分がある。就中、司馬遷『史記』の始皇帝以前の部分については、オリエント史よりの借史である。

  3. 日本の天皇は万世一系ではない。

ことの真偽はさておき、同氏の「歴史観」は歴史学界では取り上げられることもなく、完全に無視されたまま、同氏は逝去した。

さて、思い起こすに、我々の世代は江戸時代を戦前より更に暗黒で窮屈な時代と信じて成長した。昭和60年頃より江戸時代のシステムが環境を重視したものであったと再評価され、今日に至っている。歴史観とは見方一つで如何様にも変化するのである。

仮に鹿島曻氏の歴史観によれば、中華民族(中国大陸に現存する全民族)の栄光を唱える共産党政府(そのために日本には「支那」と呼ばれたくない)の現在の支配者である漢民族が、古代より他民族の植民地の奴隷階級たる民族であったことになり、また、かつて大陸にいた倭人の後裔たる日本人が中国大陸に進出したのは、「侵略」ではなくなる。何れも些か牽強附会であるにせよ、前者については、大衆の民度の低いことや政府の外交政策に「徳」が感ぜられないことから、「当たらずと雖も遠からず」といったところだろうか。

台湾について言えば、明末には海賊の根拠地であり、一時期、混血児鄭成功(母は日本人)がオランダ軍を駆逐して、清国に対抗したことがあったが、日本の領有まで一貫して「化外之地」であったことは確かである。一説には、領有後、「生蕃」を「高砂族」と呼ぶことを提案したのは当時の皇太子(後の大正天皇)であったという。領台以来、歴代総督の手腕、事件、その他日台交流の事蹟につきここで更めて贅言するには及ばない。

付言すれば、台湾とは、過去の日本を探り(何が正で何が誤りであったか)、現在の日本につき再考(果たして今のままでよいのか)し、将来の日本のあるべき姿(東アジアの体制は如何にあるべきか)を模索する一つの切り口となり得ることは確かである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2005-02-23 20:52 | Comments(0)  

「台湾側の覚悟について」について

古川さんから、
仮に、同海域で日中両軍が対峙した場合、台湾軍は静観するのか、日本側に味方するのか。前者では、爾後、共産党政府の頤使に甘んじることとなり独立への道は断たれる。後者では、一部の日本知識人からは「お節介」とし敬遠される一方、戦後60年近く「不磨の大典」として日本国民が有難く戴いて来た「日本国憲法」の根幹部分に風穴をあける契機となり、日本国民を大いに覚醒させる。これはまた、日台提携の動機づけとなり得るのである。

と言う発言がありましたが、これは日本にも当て嵌まる事です。

仮に、同海域で台中両軍が対峙した場合、日本自衛隊は静観するのか、台湾側に味方するのか。前者では、爾後、「親日国」台湾は完全に日本を見限り、台湾(海峡)問題に於いて日本は完全に発言権を失う事になりますし、「台湾陥落」後は、シーレーンを押さえられる事はおろか、尖閣諸島から「沖縄県」全体が支那の脅威に直接晒される事になります。後者では、台湾が戦略的パートナーとしての日本の存在を再認識し、国交回復を含めたあらゆる分野での関係強化 ──「日台同盟」に国策の舵を切るであろう事は明かです。

極東の島国(海洋国家)として地政学的に見ても共通点がある日台両国は、政治体制・経済体制も共通点が多く、嘗て「大日本帝国」の下で一体だった事を考えれば、兄弟国と言っても過言ではありません。シーレーン、主敵を共有し、さしたる重大且つ深刻な外交案件を抱えていない日台両国が国交断絶したままでいる方が寧ろ不自然でさえあります。その不自然さ ── 一種の「捻れた関係」をほぐし、正常な状態に戻す契機を戦後60年と言う節目の年である今年、何とか形にしたい物ですね。
竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2005-02-22 20:37 | Comments(0)  

台湾側の覚悟について

『台湾問題への対処について』において、日本側の備えについて、その第一歩として、日中間の条約の文言上の解釈の変更の必要性につき述べた。今回は台湾側が台湾問題の解決につき覚悟しておくべきことを指摘したい。

さて、台湾に近い海域での日中の懸案事項として、周知の通り、尖閣問題と春暁ガス田問題がある。後者につき、朝日新聞社説(2月20日)では、「自衛隊や海上保安庁の艦船と中国艦船が向き合う事態は、悪夢と言うしかない。」とする。

冷静に考えて、この海域における中国の跋扈を許すということは日本の「利益線」を脅かされるということである。台湾にとっては、「生命線」を制され、完全に共産党政府の領土になると言うに等しい。

仮に、同海域で日中両軍が対峙した場合、台湾軍は静観するのか、日本側に味方するのか。前者では、爾後、共産党政府の頤使に甘んじることとなり独立への道は断たれる。後者では、一部の日本知識人からは「お節介」とし敬遠される一方、戦後60年近く「不磨の大典」として日本国民が有難く戴いて来た「日本国憲法」の根幹部分に風穴をあける契機となり、日本国民を大いに覚醒させる。これはまた、日台提携の動機づけとなり得るのである。

台湾の有志諸君、上記意見につき、李登輝氏及び陳総統にお伝え願いたい。尚、我々日本人は固より平和を愛好する民族であり、事端を滋くすることにより、他国との戦争を求めるものではないことを併せてお伝え願えればと存じます。
古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2005-02-22 18:37 | Comments(0)  

台湾問題への対処について

北朝鮮の動向が相変わらず注目されているが、一体、北朝鮮に関する六ケ国協議というのは、勿体をつけた、主要国同士の鍔ぜり合いの観がある。中国としては、北朝鮮に対し建国以来のつながりから、種々要求する権利があるし、北朝鮮が言うことを聞かないのは面子がつぶれると他国から思われても仕方がないのに、強く主張しないのは何か下心があるからである。

2月19日午前、ワシントンにて開催の日米安全保障協議委員会では、共通戦略目標として、北朝鮮と台湾海峡情勢を注視することになった、との報道である。

台湾問題が北朝鮮問題の裏に隠れずに懸案となっていることを示しているが、この何れが先に危機として顕在化して来るのか、或いは時を同じくして東アジア地域に一挙に動揺をもたらし噴出して来るのか、今のところ何とも言い難い。

台湾問題は、外交カードとして使われる運命にある。日本政府としては、北朝鮮問題への対処と平行して、台湾問題への備えを行っておくべきである。即ち、台湾に関する日中間の条約の文言上の解釈の変更を準備しておく必要がある。それが第一歩であり、親台政治家諸氏の具体的検討開始を期待する次第である。
古川 宏 FURUKAWA Hiroshi
[PR]

by ayanokouji3 | 2005-02-21 22:20 | Comments(0)  

Web版 旧「台湾之声」の記事について

Web版 旧「台湾之声」に掲載致しました過去の記事については、随時、blog版『台灣之聲』に再掲載致します。尚、その際には、元記事の掲載日(つまり、blog版『台灣之聲』開設日以前の日付)に投稿した形式を採ります。


[PR]

by ayanokouji3 | 2005-02-21 22:04 | Comments(0)  

とある参議院議員へのメール

以下は、過日、とある参議院議員に送付したメールです。参考までに皆様にご披露致したいと思います。


参議院議員●●様

(前略)

韓半島に目を向けてみると、小生の年代ですと、李承晩ライン・金大中事件・朴大統領暗殺未遂事件(在日による)の3点セットが記憶にあり、その後、金賢姫事件、ソウルオリンピックあたりが印象的で、歴史認識ではうるさい国民位にしか思っていませんでした。それが拉致問題、在日の人々の「心の闇」、「冬のソナタ」といったようなことで、一般の日本人も漸く半島問題に関心を抱き始めて来た訳です。

これに引き換え、台湾問題はどうしても中国との付き合いの陰に隠れて、余り気に留められていないのが実状です。併し、いずれは大きな国際問題として俎上にのせられて来ることでしょう。小生は、台湾問題が過去の歴史を引きずった、単なる感傷的なものではなく、日本国のあるべき姿を絡めて、国民の耳目を引く形で、国会内で大いに議論されることを期待しております。

(後略)
古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2005-02-19 17:12 | Comments(0)