<   2003年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

往復メールご紹介

台湾人士より真摯かつ憂国の思いに溢れるメールを頂戴しました。この際、台湾問題について日本人として真剣にお考え頂ければと存じます。

  • To a Taiwanese

    Received your e-mail with great interest. It reminds me of the memories that I have lost for a long time paricularly about Formosa affairs, including historical aspects. In 1993, when I visited Taiwan, I did not feel that it was foreign country. Rather, taste looked like very close to Japanese, from the society system to the people's way of thinking. Taiwan was almost the same as I had expected. In 1994, after I had learned that some older generation Taiwanese published 台湾万葉集, I sent it to my mother who has had 短歌 hobby since childhood. My mother was very interested in the high level of 作風, and impressed how older generation Taiwanese 懐念 former Japan. I have to tell you that all Japanese who have a certain level of historical knowledge about former Taiwan, sympathize with present Taiwan. Kakuei Tanaka's decison in 1972 regarding restoring relationship with Communist China dropped the decent and adequate measures to Taiwan who had been one of the best friend for Japan after World War 2. It was a great mistake that Japan has to compensate for future by all means. This compensation should be proved in coming crisis as to the Formosa Strait.

    (要旨-両岸危機の際は、台湾のために一肌脱ぐのが日本の役割である)

  • From a Taiwanese

    I agreed with you. 但我必須直言, 米國在支持台灣的立場上明顯比日本強太多了.作為一曾經是植民地國家之國民, 我父親及我均認為日本政府, 國會,及軍方沒有一絲感情存在彼此心中, 遺憾之至, 無以對之.

    (要旨-かつての日本植民地の国民として思うに、日本が台湾のことを考えてくれないのは残念だ)

  • To a Taiwanese

    以前有的台湾人説、共産党説没有問題是有問題、問題不大是問題很大。SARS問題也証明了這箇理論。我理解台湾人対中国人有両種事情要解決。

    1. 精神上、228事件対台湾人民肯定是永遠忘記不了的「悪夢」罷。我回憶、93年去台湾時、剛々有名起来。回国后、向父母説明了台湾人為此不喜歓蒋父子的事情。父母慨嘆説、原来是這様矣。

    2. 将来、共産党委托台湾内的共産党分子開始辧併呑台湾的手続。為了対抗這箇内部策動、要很大的努力、同時須要外国勢力理解。但是関鍵還在中国内政。不知道将来如何変動、所以要準備好。

    (要旨-中国が台湾を併呑するか否かは内政次第なので、そうならないよう準備しておく必要がある)

  • From a Taiwanese

    我們已有專門單位督促貴國制定類似米國之台灣關係法. 針對"週邊有事" 將台灣納入, 貴國尚未作出最後決定. 但中國一定會阻止. 如果貴國順從中國之聖旨, 我們必了解. 今後 '週邊有事' 日本不會對台灣這個過去曾是自己植民地的人民伸出援手. 我們只有靠自己, 武器方面, 我們會請求米國支援.

    (要旨-日本が台湾を守ってくれないのなら、米国の助けを借りて自ら守るだけである)

  • From a Taiwanese

    Except the constitutional and unconstitutional issues, the restoration of ranks among the arm forces including the Imperial Army, Navy, and the Air Force.
    合憲、違憲は別にして、軍の階級制の復活が必要。

    The current "self-defence" sounds like we take everthing that our enemy ets for us.
    現在の「自衛隊」という名称は敵にやられるだけのように聞こえる。

    The Americans will sooner or later leave for home (good or bad that they have been with you for several decades since the war, put everything behind you and look forward to building up aglorious Japan again that we won't disgrace our forefathers).
    米国は早晩引き揚げる(よかれあしかれ、戦後数十年間駐留して来たが、それは忘れて、父祖を辱めぬよう栄光ある日本を再構築すべき)

    Whois going to protect Japan? We have to build up our arm forces immediately by getting all major incorporates together (Mitsubishi, Kawasaki Juko.....etc.)
    誰が日本を守ってくれるのか。軍需産業(三菱、川崎等)を統合して自前の軍備をもつべきだ。

    We'll need at least the following things ready that we may cope with the future issues raised or aroused again.
    将来発生する問題への対策には少なくとも、次のステップを準備する要あり。

    1. 4-5 aircraft carriers (nuclear powered) 週邊有事
      周辺有事用原子力航空母艦4~5隻

    2. both 戰術 與戰略 nuclear missiles to support our military and national defense.
      戦術・戦略核ミサイル

    3. 12-15 nuclear submarines for strategic strike (the current diesel sub.with AIP is sufficient for another 10-15 years. The Chinese is also working on the AIP, too.
      戦略攻撃のための原子力潜水艦12~15隻、現行のものはあと10~15年は大丈夫

    4. the restoration of the Imperial and military systems, all schools and public offices shall sing the national anthem of KIMIGAYO, national flag and military songs shall be highly lifted and sang.
      天皇制・旧軍制度復活、全学校・役所国歌斉唱、国旗掲揚、軍歌唱和。

    5. the constitutional rights and obligations include all Taiwanese.(Taiwanshu,the state of Taiwan like Honshu, shikoku, kyushu).
      憲法上のあらゆる権利義務を台湾に及ぼし、日本の州とする。

      All Taiwanese speak Japanese as the national and official language.
      日本語を公用語とする。

      Taiwanese may pay less tax to the central government based upon the GNP.
      台湾人はGNPに応じ、税を減免される。

      All Taiwanese are treated equal to the inlanders that no passport will be required when travelling.
      日本人と同待遇、旅行は自由、旅券不要。

    6. All Taiwanese arm forces and equipments remains the same as the coast guard or national guards(same as US), budget and emplyees will be cut down to a certain level.
      台湾の軍装備は沿岸警備隊または州兵(米国同様)として現状のままとし、予算及び兵員数は一定レベルにまで削減する。

      The national defense relies on the inlanders.
      国防は日本に一任する。


    There are a lot of things need to be discussed in detail.
    詰めるべき点は多い。

    The above points are merely a draft as reference for all of us.
    上記は単なる案に過ぎない。

    If we go by referumdom, I assume that a lot of Taiwanese will vote for Japan.
    国民投票すれば、台湾人は賛成するだろう。

(註-和訳部分は執筆者の付した概要です)


古川 宏 FURUKAWA Hiroshi
士族家庭史研究会メールマガジン『父祖の訓へ』第24回 より)

[PR]

by ayanokouji3 | 2003-05-21 14:07 | Comments(0)  

自虐史観を斬る(日本の植民地経営-5)

ここで読者各位にお聞きしたい。
日本の植民地経営は、また戦前の全ての国策は果たして間違っていたのか、と。

以前、ジャカルタ、バンコク、大陸で多くの台湾人と面談したことがある。皆、一様に日本贔屓であり、「日本通」であり、日本を評価し、国民党の外省人をおとしめている様子であった。台湾人は中国人ではないのか。風俗習慣は支那風(註-台湾通馬淵東一は支那は語源上蔑称ではないとする)であるが、その心中の思いは如何。

本メールマガジンで扱うのは殆どが過去のことである。併し、単なる懐古趣味から過去の事実を列挙している訳ではない。執筆者の血筋などは大海の中の一滴の水のようなものであり、取るに足らない。父祖の台湾における事蹟という観点からすれば、本来ご紹介するに値するような偉大な業績をもつ者はいない。

他方、55年間の植民地統治といえば、丁度、戦後経過した期間に匹敵する。決して軽視出来る長さではない。

台湾人士とのメールのやりとりにより、思い出したことは、我々日本人は胸の奥底に、やり残した数多くのことをしまっているものの、それらを忘れかけつつある、ということである。愛国心、憂国の情などといえば、面映ゆい気になるのもまた事実である。

執筆者の場合、戦犯の名誉回復・自衛隊の軍への呼称変更・旧軍階級制復活、憲法復原、台湾編入による尖閤等領土画定、旧仮名遣復活等々が気になっていることである。これが10年前であれば、狂人扱いされていたかも知れない。併し、今となっては何れも将来、実現の可能性がなくもない。憲法問題にしても、本気になれば一押しで解決することである。難しく考えるから何も出来ない。

日本の植民地経営の分析の延長に国際情勢と内政の現状があり、その先には国際関係と内政の将来がある。高齢者として、若者に負けず取組むべき問題である。そして、その根底に、自虐史観の克服を以て精神的重しを備えねばならない。それは単に父祖の事蹟を美化するというような浅薄な行為ではなく、自らが父祖たるの気概をもつことにはじまるのである。
古川 宏 FURUKAWA Hiroshi
士族家庭史研究会メールマガジン『父祖の訓へ』第24回 より)

[PR]

by ayanokouji3 | 2003-05-21 13:58 | Comments(0)  

日本と台湾の合邦(国家統合)に関する素案

Except the constitutional and unconstitutional issues, the restoration of ranks among the arm forces including the Imperial Army, Navy, and the Air Force.
(合憲、違憲は別にして、(日本)軍の階級制の復活が必要。)

The current "self-defence" sounds like we take everthing that our enemy ets for us.
(現在の「自衛隊」と言う名称は敵にやられるだけの様に聞こえる。)

The Americans will sooner or later leave for home (good or bad that they have been with you for several decades since the war, put everything behind you and look forward to building up aglorious Japan again that we won't disgrace our forefathers).
(米国は早晩引き揚げる。(良かれ悪しかれ、戦後数十年間駐留して来たが、それは忘れて、父祖を辱めぬ様、栄光ある日本を構築すべき)

We'll need at least the following things ready that we may cope with the future issues raised or aroused again.
(将来発生する問題への対策には少なく共、次のステップを準備する要あり。)

1. 4-5 aircraft carriers (nuclear powered) 週邊有事.
(1. 周辺有事用原子力航空母艦4~5隻)

2. both 戰術 與戰略 nuclear missiles to support our military and national defense.
(2. 戦術・戦略核ミサイル)

3. 12-15 nuclear submarines for strategic strike (the current diesel sub. with AIP is sufficient for another 10-15 years. The Chinese is also working on the AIP, too.)
(3. 戦略攻撃の為の原子力潜水艦12~15隻、現行のものはあと10~15年は大丈夫)

4. 恢復天皇制及舊軍制, 所有學校公的役所一律早上唱國歌升國旗, 唱軍歌.
(4. 天皇制、旧軍制度復活、全学校・役所早朝一斉国歌斉唱国旗掲揚、軍歌唱和)

5. 憲法内所有權力義務及於台灣. Taiwanese may pay less tax to the central government based upon the GNP All Taiwanese are treated equal to the inlanders that no passport will be required when travelling.
(5. 憲法内のあらゆる権利義務が台湾に及ぶが、台湾人はGNP(国民総生産)に応じ、税を減免される。日本人と同待遇、旅行は自由、旅券不要。)

6. All Taiwanese arm forces and equipments remains the same as the coast guard or national guards (same as US) budget and emplyees will be cut down to a certain level. The national defense relies on the inlanders.
(6. 台湾の軍装備は沿岸警備隊、又は州兵(米国同様)として現状のままとし、予算及び兵員数は一定レベルにまで削減する。国防は日本人に一任する。)

There are a lot of things need to be discussed in detail.
(詰めるべき点は多い。)

The above points are merely a draft as reference for all of us.
(上記は単なる案に過ぎない。)

If we go by referumdom, I assume that a lot of Taiwanese will vote for Japan.
(国民投票すれば、台湾人は賛成するだろう。)

靖国英雄 YASUKUNI Hideo

[PR]

by ayanokouji3 | 2003-05-15 18:47 | next phase⇒日帝台湾 | Comments(0)  

你們湖南電視台又在搞反日陰謀企圖破壞日中友好, 永遠不會得逞.

迫りくる中国の脅威~「台灣/日本解放綱領」の残影(全文転載引用) 台灣は支那のSARSに解放され熱病にかかったような時代でした。未だ実態は明らかではありませんが、背後に中国共産党による何らかの工作・支援があったのではないでしょうか。 中共の「台灣解放」の秘密指令なるものには、SARSのような内容が.....etc.。解放軍化學部隊 實驗miss, 潛水艦沈沒, AIP...


しかし、一方では、中国はソ連の崩壊後、軍拡の道をひた走り、また同時に反日的な宣伝活動を活発化してきました。南京事件の捏造・喧伝、歴史教科書や靖国神社首相参拝への干渉、 731部隊訴訟, 戦争の謝罪と賠償の要求など、日本への心理的・外交的な攻勢は強まってきました。さらに今日のアイリス・チャンらによる国際反日運動の背後にも、中国政府の関与が指摘されています。日中の真の友好にとって、誠に残念な傾向です。こうした中国の対日政策をさかのぼると、『日本解放綱領』なるものが存在し、今日まで、影を落としているのかも知れません。湖南電視台之専門家・研究者の方に、ご教示いただけると幸いです。

過去の国際情勢及び、国内政治情勢の断片をジグソーパズルのように組み合わせ推察を試みましたところ大変な結論に到達いたしました。結論は中国が日本侵略計画を持っており、実行に移されかなり深化していると言うことです。興味深いご意見だと思います。ご参考に、ある文書をご紹介します。(以下は「国際派日本人養成講座(JOG)」の読者によるML「五百羅漢ネットワークプロジェクト(GNP)」に投稿したものです)(1)昭和47年(1972)8月、中国共産党の秘密文書なるものが、出現しました。当時は、田中角栄内閣が成立し、マスコミが日中早期国交のキャンペーンを展開していました。三島由紀夫自決や70年安保収束の2年後のことです。故・西内雅(ただし)教授(当時中央学院大学、のち皇学館大学)は、北東アジア各地を旅行中に、中共による『日本解放綱領』という文書を入手したと言います。そして、国民新聞社が日本語の翻訳版を出版しました。それが、『中共が工作員に指示した「日本解放」の秘密指令』という小冊子です。

◆文書の信憑性 発行当時を知る関係者の話では、本書は、論壇誌で取り上げられたり、日本共産党も言及するなど、反響を呼びました。

◆日本共産化の基本戦略本書が出現した昭和40年代、我が国は、左翼革命運動で騒然としていました。産経新聞を除くほとんどのマスコミは文化大革命を礼賛し、毛沢東に共鳴する一群が活発に活動していました。熱病にかかったような時代でした。未だ実態は明らかではありませんが、背後に中国共産党による何らかの工作・支援があったのではないでしょうか。
 中共の「日本解放」の秘密指令なるものには、次のような内容が書かれています。まず本書は、「我が党の日本解放の当面の基本戦略は、日本が現在保有する国力のすべてを我が党の支配下におき、我が党の世界解放戦に奉仕せしめる」と規定しています。
 「日本解放」つまり日本の共産化は、3段階を経て達成するとしています。第1目標は日中国交の樹立、第2目標は「民主連合政府の形成」、第3目標は「日本人民民主共和国の樹立ーー天皇を戦犯の首魁として処刑」である。本書は、田中内閣成立で第1目標は達成されつつあるとし、第2目標の民主連合政権樹立に必要とする心理作戦、マスコミ、政党、左右両団体への工作、さらに在日華僑対策を具体的に指示、在日中共大使館開設によってさらに筋金入りの革命工作員2 千名を派遣、第3目標達成に全力をあげるとしています。「民主連合政府」の形成は、それ自体が目的ではなく、次の「人民共和制=共産政府樹立」に転じていくための、単なる手段にすぎないことが、明記されています。あくまで最後は暴力方式をとって共産政権を樹立することが目標です。その際、連合政権樹立に協力した、当時の既成政党(自民党・社会党・民社党・公明党など)の一切を打倒し、排除することとしています。この過程で最も注目すべきは、天皇を「戦犯の首魁」と規定し、「処刑する」ことが、はっきりと明記されていることです。(バーガミニ=チャンの天皇誹謗、三島=竹本の「文化防衛」が思い起こされましょう。)

◆対日工作員への指示内容 次に、本文の内容から、注目すべき点をまとめてみます。中共工作員の行動要領の第一には、「群集掌握の心理戦」が指示されています。すなわち、
「全日本人に中国への好感、親近感をいだかせる」
「目的は、我が党、我が国への警戒心を、無意識のうちに捨て去らせることにある」
「これは、日本解放工作成功の絶好の温床となる」


などとしています。もし日中友好には、このような工作のもとに推進された面もあるとすれば、ゆゆしきことでしょう。第二に、「マスコミ工作」が指示されています。マスコミ工作については、

「今日では、新聞、雑誌を含め、いわゆるマスコミは、世論造成の不可欠の道具に過ぎない。マスコミを支配する集団の意志が世論を作り上げるのである」


という認識が書かれています。当時の日本の保守政権を国交んだのは、

「日本のマスコミではない。日本のマスコミを支配下においた我が党の鉄の意志と、たゆまざる不断の工作とが、これを生んだのである」


と記しています。そして、新聞・雑誌、テレビ・ラジオ、出版に関する工作の詳細な指示を出しています。そのなかには、新聞・雑誌に「強調せしむべき論調の方向」の一つとして「人間の尊重、自由、民主、平和、独立の強調」という項目があります。その説明として次のように書かれています。

「ここに言う『人間の尊重』とは、個の尊重、全の否定を言う。『自由』とは、旧道徳からの解放、本能の解放を言う。『民主』とは、国家権力の排除を言う。『平和』とは、反戦、不戦、思想の定着促進を言う。『独立』とは、米帝との提携の排除、社帝ソ連への接近阻止を言う」


と。その後、わが国のマスコミ・左翼・日教組が強調してきた「人権、民主、平和」などが挙げられていることが、注目されましょう。(「心理的防衛」が、いかに重要か確認されましょう。)第三の政党工作においては、連合政府は手段であることが明記されています。

「本工作組に与える『民主連合政府の樹立』という任務は、日本解放の第2期における工作目標に過ぎず、その実現は、第3期の『日本人民民主共和国』樹立のための手段に過ぎない」


と。目標実現のための工作として、本書は国会議員を掌握し、工作員の支配下におくように指示しています。「議員の弱点を利用する」として、

「金銭、権力、名声等、ほっするものをあたえ、又は約束し、必要があれば、中傷、離間、脅迫、秘している私事の暴露等、いかなる手段を使用してもよい。敵国の無血占領が、この一事にかかっていることを思い、いかなる困難、醜悪なる手段もいとうてはならず、神聖なる任務の遂行として、やりぬかねばならない」


と書かれています。政党について、特に自民党に対しては、

「自民党を解体し、多数の小党に分裂せしめる」


ということを基本方針としています。そのための手段は、「派閥の対立を激化せしめる」こととし、非主流派に政治資金を与えたり、議員個人の掌握を活用することを指示しています。長期単独政権を維持していた自民党がその後分裂し、連立政権時代に移行したことと、符合していて考えさせられましょう。注目すべきことに、中共の秘密指令は、日本共産党については、ほとんど触れていません。簡単に

「日本共産党を含めた野党共闘を促進する」


という一行のみです。「民主連合政府」そして続く「人民民主共和国」の政府において、日本共産党は、どのように位置付けられるのでしょうか。対立か提携か、いずれにせよ、中共の指令書と日共の綱領は、発想が似ていることは、見逃せません。

◆「第二の蒙古襲来」 ここで本書に関する、西内教授の見解を引用します。

「中共の国是は、世界共産革命の覇権を握ることである。そのための戦略戦術は、目的のためには手段を選ばぬ、千変万化なものである」。


そして

「1950年の朝鮮戦争の後の基本戦略は、直接侵略(武力戦)の意志と準備の下に、間接侵略(思想戦・外交戦・経済戦)によって相手国の秩序の破壊、人心の収攬を計り、そのまま共産圏に組み入れることを期し、若しも目的を達し得ないときは、タイミングを計らって直接侵略によって、とどめをさすことにある」
「『日本解放』は、第二の蒙古襲来の警鐘である。700年の昔には、兵甲艦船という物的物理的な目に見える脅威であった。然るに今日の攻撃は間接侵略、特に思想戦であって、しかもラジオ・テレビ・マスコミの発達した現代では、どこからでも攻撃できるし、また攻撃して来ているのである」


◆国際反日運動への残影 中国共産党は、その後、毛沢東の死、「四人組」の追放などを経て、昭和53年に鄧小平が実権を握り、路線を大きく転換しました。市場原理と外国資本を導入した中国には、もはや武力侵攻や革命工作を行う可能性など、ほとんどないかに見えます。しかし、一方では、中国はソ連の崩壊後、軍拡の道をひた走り、また同時に反日的な宣伝活動を活発化してきました。南京事件の捏造・喧伝、歴史教科書や靖国神社首相参拝への干渉、 731部隊訴訟, 戦争の謝罪と賠償の要求など、日本への心理的・外交的な攻勢は強まってきました。さらに今日のアイリス・チャンらによる国際反日運動の背後にも、中国政府の関与が指摘されています。日中の真の友好にとって、誠に残念な傾向です。こうした中国の対日政策をさかのぼると、『日本解放綱領』なるものが存在し、今日まで、影を落としているのかも知れません。湖南電視台之専門家・研究者の方に、ご教示いただけると幸いです。
[PR]

by ayanokouji3 | 2003-05-11 13:21 | Comments(0)