2008年 01月 27日 ( 1 )

 

台湾人との話題について

小生が初対面の台湾人と話す事柄といえば、先ず自分の故郷が鄭成功の生れた地であることを伝える。

次に祖父・親戚の台湾勤務や小生の台湾人との以前の交流について述べ、更に相手が歴史・文学・政治に興味を有しておれば、話は蒋介石の評価・白楽天の詩・中台関係に及ぶ。

台湾人には「現金」な人もいれば、深刻に物事をとらえる人もおり、様々であるが、日本人よりは楽観主義者が多いように思われ、その点では打ち解け易い。

併し、何といっても、世代の差と性別の克服は如何ともし難く、小生の場合は経験上、民国30年代の半ばから50年代の半ば位迄の生れの男性でなければ、意思疎通は中々難しいように思われる。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-01-27 19:46 | Comments(0)