2008年 01月 23日 ( 1 )

 

社会の胎動について

如何(いか)なる社会にも節目というものがあるが、昨年の参院選の民主党躍進と安倍氏の辞任は節目であったと思われる。

1997・98年が「マネー敗戦」の頃であったとすれば、昨年・今年が丸10年に当たるが、何となく盛り上がりに欠けているところの雰囲気は当時と似ている。

新旧交代が各分野で広く行われれば、社会の新たな胎動となってプラスの効果がある。

過去にとらわれ過ぎ、今を喞(かこ)つ時代遅れにはなりたくないものである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-01-23 18:39 | Comments(0)