2008年 01月 19日 ( 1 )

 

読書離れについて-3

さて、小生は最近、書店の店頭に並んでいる私小説も読むように心掛けているが、構成・表現共に下世話で幼稚なものが多いように感ずる。

このようなものばかりを読んでいれば、却って国語力は低下するのではないか。

国語力低下と読書離れとは関係ないと思う。

読書は古典を主とし、時代の風潮と新説を新聞・雑誌を以て補うことで十分だと考える今日此頃である。
(此項畢)

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-01-19 20:33 | Comments(0)