2008年 01月 07日 ( 1 )

 

住民投票ボイコットの呼び掛けについて

12日の立法院選の際実施される2件の住民投票について、国民党がボイコットの呼び掛けを始めたという。

これが不成立となれば、3月総統選の際に予定されている懸案の住民投票の内容の見直しにもつながることとなる。

中国の意向を受けた国民党の動きは或る程度予想されるが、このこと自体を余りに問題視すべきではないかも知れない。

これからは与野党いずれから如何なる作戦が出ても不思議ではないが、落ち着くべきところに落ち着くことを願っている。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-01-07 19:59 | Comments(0)