「ほっ」と。キャンペーン

日下公人氏・石平氏の著書について-4

同書には、また、次のような記述がある。(50-51頁)

日下:
中国共産党政権が壊れたら、中国人は変わる?

石:
中国人は変わらないですけど、中国は良くなるはずですよ。・・・

日下:
共産党が壊れたら、日本人も中国人と多少は付き合いやすくなると。

石:
これから日本人は、中国人と付き合うのなら、上海人と付き合えばいいし、東北人、四川人と付き合えばいいのです。

台湾では、7月4日には中台週末直行便が就航、18日には中国人の台湾観光解禁が決定している中、経済効果を疑問視する向きもある。

チベットや貴州省の暴動が共産党政権崩壊への序曲と一概に断定出来ない状況下で同時進行する中台関係の深化が、却って共産党政権の崩壊を促進するようなことになれば、台湾人も「中国人と多少は付き合いやすくなる」のかも知れない。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-07-02 20:45 | Comments(0)  

<< 国際情勢について 日下公人氏・石平氏の著書について-3 >>