泡茶開講@日本人としてグゥレイトッ!な言葉がいっぱい

通称、教育勅語~教育ニ関スル勅語(英: Imperial Rescript on Education)~全文


■平易版■

 朕(ちん)惟(思=おも)うに、我が皇祖皇宗(こうそこうそう)国を肇(はじ)むること宏遠(こうえん)に徳(とく)を樹(た)つること深厚(しんこう)なり。

 我が臣民(しんみん)、克(よ)く忠に克(よ)く孝に、億兆(おくちょう)心を一(いち)にして、世世(よよ)厥(其=そ)の美を濟(成=な)せるは、此(こ)れ我が国体(こくたい)の精華(せいか)にして教育の淵源(えんげん)亦(又=また)實(実=じつ)に此(ここ)に存す。

 爾(汝=なんじ)臣民(しんみん)、父母に孝に兄弟に友に夫婦相和し、朋友(ほうゆう)相信じ、恭儉(きょうけん)己(おの)れを持し、博愛衆に及ぼし、学を修め業を習い以(もっ)て智能を啓発(けいはつ)し、徳器(とくき)を成就し、進て公益(こうえき)を廣(広=ひろ)め、世務(せいむ)を開き、常に国憲(こっけん)を重(おもん)じ、国法(こっぽう)に遵(したが)い、一旦(いったん)緩急(きんきゅう)あれば義勇(ぎゆう)公(こう)に奉(ほう)じ、以(もっ)て天壌無窮(てんじょうむきゅう)の皇運(こううん)を扶翼(ふよく)すべし。

 是(かく)の如きは、獨(独=ひと)り朕(ちん)が忠良(ちゅうりょう)の臣民(しんみん)たるのみならず、又以て爾(なんじ)祖先の遺風を顕彰(けんしょう)するに足らん。

 斯(こ)の道は、實(実=じつ)に我が皇祖皇宗(こうそこうそう)の遺訓(いくん)にして子孫臣民の倶(共=とも)に遵守(そんしゅ)すべき所、之を古今(ここん)に通じて謬(あやま)らず、之を中外(ちゅうがい)に施して悖(もと)らず。

 朕(ちん)、爾(汝=なんじ)臣民と倶(とも)に、挙挙(けんけん)服膺(ふくよう)して咸(皆=みな)其徳を一にせんことを庶幾(こいねが)う。


御 名 御 璽

明治二十三年十月三十日




■用語解説■

皇祖皇宗(こうそこうそう)……天照大神に始まる天皇歴代の祖先。 皇祖皇宗も天皇(皇室)の祖先のことをいうが、皇祖は、始祖である天照大神(あまてらすおおみかみ)ないし神武(じんむ)天皇のこと、あるいは天照大神ないし神武天皇までの歴代(代代)のこと。皇宗は、第2代綏靖(すいぜん)天皇以下の代代の天皇をいう。

國を肇(はじ)むること宏遠(こうえん)……初代天皇の神武天皇自身天から人間界の降りてきた「ニニギノミコト」(天照大神の孫)という神様の曾孫(そうそん⇒孫の子=ひまご)で、天上の神々の中で最高の位にある天照大神の神勅を受けて日本の国を作ったという神話を踏まえてのこと。ちなみに日本の国を生んだ神とされる「イザナギノミコト(伊邪那岐命)」が川で左眼を洗ったら現われたのが天照大神である。また、日本は、「イザナギノミコト」と「イザナミノミコト」(伊邪那美命)が天の浮き橋に立ち、天の瓊矛を下界にさし降ろしてかき回し引き上げたところ、矛先からしたたりおちた滴(しずく)が固まって島となったとされる。

肇(はじ)むる……創り開く 。
宏遠(こうえん)……広くて遠大なこと
徳(とく)……身についた品性。社会的に価値ある性質。善や正義に従う人格的能力。すぐれた求道者。
深厚(しんこう)……情け、気持ちなどが心の底から発したものであること。
臣民(しんみん)……君主国(明治憲法下の日本)の国民。
克(よ)く……「能く」と同じ。能力を発揮して成し遂げること。
億兆(おくちょう)……万民。全ての国民。限りなく大きな数。
厥(そ)の ……「其の」と同じ。すでに述べた事柄に関係する意を表す。
濟(な)せる……「成せる」と同じ。つくりあげるの意味。
国体(こくたい)……国家としての固有の体制ないし性格。
精華(せいか)……そのものの真価をなす、立派な点。
淵源(えんげん)……物事の拠(よ)って立つ根源。
恭劍(きょうけん)……人にうやうやしく、自分は慎み深くすること。
徳器(とくき)……善良有為(立派な人格)の人物。
世務(せいむ)……世の中に役立仕事。
国憲(こっけん)……国の根本法、すなわち憲法。
一旦(いったん)緩急(きんきゅう)あれば…… 万一国家に危急の事態が起こった場合には。
義勇(ぎゆう)公(こう)に奉(ほう)し……正義にかなった勇気を奮い起こし、国家・公共のために尽力する。
天壌無窮(てんじょうむきゅう)……天地と同じように永久に続くこと。
皇運(こううん)……天皇を戴(いただ)く日本国の運。
扶翼(ふよく) ……たすけること。
遺風(いふう)……祖先が残した美風。
古今(ここん)に通じて謬(あやま)らず……昔から今に至る何時の時代に実践しても間違いのないさま。
中外(ちゅうがい)に施して悖(もと)らず……我が国で実践しても外国で実践しても道理に反しないさま。
拳拳(けんけん)服膺(ふくよう)……謹んで捧げ持つようによく守ること。
咸(みな) ……「皆」と同じ。
庶(こひ)幾(ねが)う……願い望むこと。




■現代語呂意訳■

 私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。

 国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じ合い、そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や,秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。

 このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。



■教育勅語の十二徳■

1. 孝行(こうこう)⇒子は親に孝養を尽くしましょう。

2. 友愛(ゆうあい)⇒兄弟姉妹は仲良くしましょう。

3. 夫婦の和(ふうふのわ)⇒夫婦はいつも仲睦(むつ)まじくしましょう。

4. 朋友(ほうゆう)の信(しん)⇒友達はお互い信じ合ってつき合いましょう。

5. 謙遜(けんそん)⇒自分の言動を慎みましょう。

6. 博愛(はくあい)⇒広くすべての人に愛の手をさしのべましょう。

7. 修学習業(しゅうがくしゅうぎょう)⇒勉学に励み職業を身につけましょう。

8. 智能啓発(ちのうけいはつ)⇒知徳を養い才能を伸ばしましょう。

9. 徳器成就(とっきじょうじゅ)⇒人格の向上につとめましょう。

10.公益世務(こうえきせいむ)⇒広く世に中の人々や社会の為になる仕事に励みましょう。

11.遵法(じゅんぽう)⇒法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう。

12.義勇(ぎゆう)⇒正しい勇気をもってお国の為に真心をつくしましょう。


------------------------------------------------------


通称、終戰の詔勅・玉音放送~大東亜戦争終結ノ詔書(英:The Imperial Edict to Terminating Greater East Asia War)~全文


■平易版■

  朕(ちん)深く世界の大勢と帝国の現状とに鑑(かんが)み、非常の措置をもって時局を収拾せんと欲し、ここに忠良(ちゅうりょう)なる爾(なんじ)臣民に告ぐ。 朕(ちん)は帝国政府をして、米英支蘇(べいえいしそ)四国に対し、その共同宣言を受諾する旨通告せしめたり。

 そもそも帝国臣民(しんみん)の康寧(こうねい)を図り、万邦共栄(ばんぽうきょうえい)の楽をともにするは、皇祖皇宗(こうそこうそう)の遺範(いはん)にして朕(ちん)の拳々(けんけん)措(お)かざる所、さきに米英二国に宣戦せる所以(ゆえん)もまた、実に帝国の自存と東亜の安定とを庶幾(しょき)するに出て、他国の主権を排し領土を侵すが如きは、もとより 朕(ちん)が志(こころざし)にあらず。しかるに交戦すでに四歳(しさい)を閲(けみ)し、朕(ちん)が陸海将兵の勇戦、朕(ちん)が百僚有司の励精、朕(ちん)が一億衆庶(しゅうしょ)の奉公(ほうこう)、各々最善を尽せるにかかわらず戦局必ずしも好転せず、世界の大勢また我に利あらず。しかのみならず敵は新たに残虐なる爆弾を使用して、頻(しきり)に無辜(むこ)を殺傷し惨害(ざんがい)のおよぶ所、真に測るべからざるに至る。しかもなお交戦を継続せんが、ついに我が民族の滅亡を招来(しょうらい)するのみならずひいて人類の文明をも破却すべし。かくの如くは、朕(ちん)何を以ってか億兆(おくちょう)の赤子(せきし)を保し、皇祖皇宗の神霊に謝せんや。これ朕(ちん)が帝国政府をして共同宣言に応せしむるに至れる所以(ゆえん)なり。

 朕(ちん)は帝国と共に終始東亜の解放に協力せる諸盟邦に対し遺憾の意を表せざるを得ず。帝国臣民にして戦陣に死し、職域に殉し、非命に斃(たお)れたる者、及びその遺族に想を致せば、五内(ごだい)ために裂く。 かつ戦傷を負い、災禍をこうむり、家業を失いたる者の厚生に至りては、朕(ちん)の深く軫念(しんねん)する所なり。 惟(おも)うに今後帝国の受くべき苦難は、もとより尋常にあらず。爾臣民の衷情(ちゅうじょう)も、朕(ちん)よくこれを知る。然れども朕(ちん)は、時運のおもむく所、堪え難きを堪え、忍び難きを忍び、以って万世の為に太平を開かんと欲す。

  朕(ちん)はここに国体を護持しえて、忠良なる爾(なんじ)臣民の赤誠(せきせい)に信倚(しんい)し、常に爾(なんじ)臣民と共に在り、もしそれ情の激する所みだりに事端を滋(しげ)くし、あるいは同胞排擠(はいせい)互に時局を乱り、為に大道を誤り信義を世界に失うが如きは、朕(ちん)最もこれを戒む。よろしく挙国一家子孫相伝え、確(かた)く神州の不滅を信じ、任重くして道遠きを念(おも)い、総力を将来の建設に傾け、道義を篤(あつ)くし、志操(しそう)を鞏(かた)くし、誓って国体の精華を発揚し、世界の進運に後(おく)れざらんことを期すべし。爾(なんじ)臣民それよく朕(ちん)が意を体せよ。


御 名 御 璽

昭和二十年八月十四日




■用語解説■

帝国(ていこく)……ここでは大日本帝国を指す。
鑑(かんが)み……先例に照らして考えてみて。他と比べ合わせて考えてみて。
忠良(ちゅうりょう)……忠義の心厚く善良なこと
爾(なんじ)……「汝」と同じ。同等以下の相手を指す語。そち。
米英支蘇(べいえいしそ)……アメリカ、イギリス、支那(中華民国)、ソ連
康寧(こうねい)……やすらかなこと。安寧。
万邦(ばんぽう)……あらゆる国。万国。
皇祖皇宗(こうそこうそう)……天照大神に始まる天皇歴代の祖先。
拳々(けんけん)……うやうやしくつつしむさま。
措(お)く……すでに存在する事物をそのままにする。
東亜(とうあ)……東アジア。
庶幾(しょき)……請い願うこと。
閲(けみ)する……経る。経過する。
百僚(ひゃくりょう)……もろもろのつかさ。百官。百司。
有司(ゆうし)……役人のこと。
励精(れいせい)……はげみつとめること。精を出してはげむこと。精励。
衆庶(しゅうしょ)……もろもろの人。人民。庶民。
頻(かたくな)に……ひどく。むやみに。
無辜(むこ)……罪のないこと。また、その人。
赤子(せきし)……生まれてまもない子。あかご。また、天子を親に見立てて、人民の称。
五内(ごだい)……五臓に同じ。
軫念(しんねん)……天子がこころにかける、また、心を痛めること。
衷情(ちゅうじょう)……まごころ。まこと。誠心。
時運(じうん)……時のまわりあわせ。時の運命。
国体(こくたい)……国家としての固有の体制ないし性格。
赤誠(せきせい)……少しもいつわりのない心。まごころ。まこと。
信倚(しんい)……「信頼」と同じ。
排擠(はいせい)……人をおしのけおとしいれること。
道義(どうぎ)……人の行うべき正しい道。道徳のすじみち。
篤(あつ)くする……豊かにする。
志操(しそう)……守って変えない志。
鞏(かた)くする……かたくする。ものを束ねる。
精華(せいか)……物事の真価とすべきすぐれたところ。
体(てい)する……心にとめて守る。目上の人の教えや意向に沿って行動する。のっとる。




■現代語呂意訳■

 私は深く世界の大勢と帝国の現状とを考え、非常の措置によって時局を収めようと望み、ここに忠義の厚いそちら臣民に告げる。私は帝国政府をして、米英支ソ四国に対し、その共同宣言を受諾することを通告させた。

 そもそも帝国臣民の安寧を図り、万邦が共栄できるようにすることは、天皇家先祖伝来の教えにして私が謹んで保ってきたものであり、先に米英二国に宣戦した理由もまた、実に帝国の自存と東アジアの安定とを願ったものからであり、他国の主権を排し領土を侵すようなことは、もとより私の志ではない。そうであるのに交戦はすでに四年を経ており、我が陸海将兵の勇戦、我が官僚・役人の精励、我が一億人民の奉公、各々最善を尽したにもかかわらず、戦局は必ずしも好転せず、世界の大勢もこちらに利がない。それだけでなく、敵が新たに残虐なる爆弾を使用してむやみに罪のない民を殺傷し惨害することなど、真に考えていたこととは違うところに至った。 これ以上交戦を継続しては、ついに我が民族の滅亡を招くべきでなく、ひいては人類の文明をも破却してしまう。このようなことは、私が何を以って億兆の人民を保し、天皇家の先祖の神霊に謝ればよいのか。これが私が帝国政府をして共同宣言に応じるに至った理由である。

 私は帝国と共に、終始東アジアの解放に協力した諸盟邦に対し、遺憾の意を表さずにはいられない。 帝国臣民にして戦陣に死し、職域に殉し、非命にたおれた者、及びその遺族のことを思うと、内蔵を引き裂かれる思いである。 かつ戦傷を負い、災禍をこうむり、家業を失った者の厚生に至っては、私は深く心を痛める。思うに、今後帝国の受けるであろう苦難は、もとより尋常ではない。そちら臣民の誠心も、私はよく知っている。そうではあるが私は、時の運命のおもむく所、堪え難きを堪え、忍び難きを忍び、それによって万世の為に太平を開こうと望む。

 私はここに国家の体面を護り、忠義に厚いそちら臣民の真心を信頼し、常にそちら臣民と共に在りるのであり、激情に任せてみだりに事件を起こしたり、あるいは同胞を陥れ互に時局を乱し、そのために大道を誤って世界の信頼を失うようなことは、私が最も戒めることである。まさに国を挙げ一家子孫によく伝え、確かに神州の不滅を信じ、任は重く道が遠いことを思い、総力を将来の建設に傾け、道徳の筋道を豊かにし、守って変えない志をかたくし、誓って国家の体面の優れたところを奮い起こし、世界の進運に遅れないようにすることを期しなさい。そちら臣民は、私の言うそれらのことをよく心にとめて守りなさい。


久保田泰啓 KUBOTA Yasuhiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2006-01-01 03:45 | 日本の権威・皇室伝統 | Comments(0)  

<< 泡茶開講@教育ニ関スル勅語~T... 今年のblog『台灣之聲』を振... >>