次世代潜水艦用ソナーの開発について

11月26日の『産経新聞』朝刊一面に防衛庁が次世代潜水艦用ソナーの研究開発に着手するという記事が掲載された。

東シナ海における日中海軍の角逐が愈々(いよいよ)本格化しそうな勢いである。常套文句ではあるが、「備えあれば憂いなし」といったところだろうか。

これに関連して、「台湾には日本製の潜水艦装備が望ましい」という意見があることを10月15日に紹介した。

戦争の勃発が海戦から始まり、終結が陸戦で終わるという例に倣(なら)うのか。「東シナ海、波高し」、今後の動向に注目したい。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2005-11-26 19:17 | Comments(0)  

<< 台湾統一地方選について 「台湾問題と民主党について」について >>