「ほっ」と。キャンペーン

本年を振返って

 本ブログの本年1月分のタイトルで「世界動乱について」および「行政の対応について」というものがあった。

 前者は、欧州への難民流入等を踏まえた英国のEU離脱や断続的に発生するテロにつながっているのは言う迄もなく、また、後者では、米国の恵まれない地域の住民や現状を不満に思う層の異議申立により、「瓢箪(ひょうたん)から駒」の候補の大統領選出につながったと言える。欧米諸国の動揺は察するに余りある。

 台湾では1月に女性総統が選出され、着実に成果が現れている感じがする。長期政権となりつつある安倍政権のもとで、日台の信頼関係がより一層強固なものとなれば申し分ない。

 日台共に様々な政治課題を抱えている中、欧米諸国で起きている事象を客観的に捉え、その対策・動きを参考としつつ、漸進的な処理・解決の道を探って行くことが望ましい。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2016-12-27 17:47 | Comments(0)  

<< 天皇制の新たな段階について 「一つの中国」について >>