年金制度改革法案について

 野党が「年金カット法案」と名付ける年金制度改革法案が今国会で成立する見込であるという。

 日本の年金制度に関心のある中国人達から熱心にたずねられることがあるが、労使双方による年金保険料の払込額の多寡により年金額が決まる厚生年金の仕組みについて具体的な金額をあげて説明すると納得するようである。

 年金受給年齢に達して完全無職となるとずっと赤字の生活を強いられるケースも出て来る。各人無理のない老後設計にもとづき、受給開始を出来るだけ遅らせ、まともに働いた方が賢明と言えそうである。

 現状制度では、普通の年金生活よりも、医療費が免除となる生活保護の方にメリットがある。初めから生活保護受給者になりたいという人はいないが、年金生活が破綻すれば止むを得ない。

「年金は 生活保護への一里塚 行きはよいよい 帰りはこわい」

といったところか。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2016-10-14 21:15 | Comments(0)  

<< 日比首脳会談について 首相所信表明演説について >>