首相所信表明演説について

 臨時国会冒頭の首相所信表明演説の全文を新聞で読んだ。

 高い支持率のもと、任期延長を前提とした網羅的な内容であるが、憲法改正への取組を明言しなかったのは、時期尚早と考えたからであろう。

 経済の運営は最も難しい課題である。国が介入して漸(ようや)く横ばいの状態である。自律的成長は期待出来ない。ただ、壮大なビジョンを提示し続けることは大事なことである。

 「地球儀を俯瞰する外交」の末尾で、海上保安庁・警察・自衛隊の「諸君」に敬意を表するとしたのは当然である。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2016-09-28 10:54 | Comments(0)  

<< 年金制度改革法案について 台湾観光業者のデモについて >>