「神韻」について

 4月24日夜に初台の新国立劇場で「神韻晩會2016」があった。

 出演者の表情と演技に余裕が感じられたのは、この一年における中国情勢の変化によるものであろう。

 昨年に比べ、かなりの数の中国人が来ていたのが印象的で、家族で見に来たという男性とも話し、得るところがあった。

 仏・道・キリスト教に基づくメッセージは良く表現されていた。来年の公演も楽しみである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2016-04-28 19:08 | Comments(0)  

<< マスコミの論調について 若い世代の活躍について >>