日本「民進党」発足について

 脱自民党一強体制の期待から日本「民進党」が静かに発足した。

 台湾「民進党」は8年間の雌伏後、政権を奪還した。日本の野党第一党が党名を同じものとしたのは故意ではなく偶然に違いない。

 日本では政権の長期安定化は当然のことである。米国で共和・民主の二大政党が政権交代をしているのは、余りに価値観が多様化した社会ならではのことであり、日本には馴染まない。

 日本「民進党」の綱領の要旨を読むに、良いことが書いてあるが、政治は所詮結果オーライの世界である。同党が分裂を繰返さぬことを期待するのみ。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2016-03-28 13:39 | Comments(0)  

<< 若い世代の活躍について 米国大統領予備選について >>