古川氏との懇談について

 昨日、久方ぶりに上京し、古川氏と学士会館にて会食しがてら懇談した。

 小生がウェブサイト『帝國電網省』を開設したのは、平成9(1997)年2月21日の事。その3年後、古川氏と知己(ちき)を得て、爾来(じらい)、今日に至る迄、良き理解者且つ支援者として、小生を支えて頂いている。

 又、小生が開設した本ブログ『日臺一宇』を見れば、お分かりの通り、小生がウェブサイト『帝國電網省』に専念する代わりに、古川氏が主に『日臺一宇』に寄稿すると言うスタイルが定着、今日に至っている事を鑑(かんが)みれば、古川氏の功績甚だ大なる事は論を俟(ま)たない所でもある。

 古川氏のバイタリティと観察眼は、小生も一目置く所である。

 国内に於いては、第二次安倍政権の下(もと)、安全保障関連法制推進を軸に、去る8月27日の「いずも」級ヘリコプター搭載護衛艦(ヘリ空母)二番艦「かが」の進水等、国防政策が粛々と進んではいるものの、国外に目を転じて見れば、相も変わらず、反日政策を採っている朝鮮・支那、そして、北方領土を占領しているロシアと、日本が枕を高くして寝て等いられない状況が続いている。

 『帝國電網省』開設より18年。その間、歴史認識の補完再考は、当時と比べれば考えられない程、是正されつつあるが未だ途上にある。後発のウェブサイトの相次ぐ誕生で、最早(もはや)、「老舗(しにせ)」の部類に入る『帝國電網省』は、後身に道を譲って引退しても良いのかも知れない等と時折思う事もあるが、シールズ等と言う左翼反社会勢力が跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)する百鬼夜行の現代に於いては、まだまだ、その役割少なからずと自らに言い聞かせて、これからも、古川氏との懇談を通じて受ける多くの示唆を噛み締めつつ、『帝國電網省』並びに『日臺一宇』を継続していこうと、改めて思った次第である。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2015-08-30 21:29 | Comments(0)  

<< 日米関係について 竹下氏との懇談について >>