「ほっ」と。キャンペーン

石原氏の国政参加について

 見出しにすれば「石原氏立つ」という感じの同氏の都知事辞任表明および国政参加への決意表明であった。

 同氏の都知事としての業績評価には種々あるが、功が罪を上回ったものと思う。新銀行の失敗は一種の公共事業と思えば良い。

 それにしても、政治のテーマが細分化され、アバウトな議論が出来なくなり、大物政治家の出る幕がなくなった御時世で同氏の出馬は期待出来る。

 憲法問題を前面に打ち出すという姿勢にあれこれ注文をつける輩とは手を組むべきではない。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2012-10-30 21:21 | Comments(0)  

<< 解散・総選挙について-1 台湾との絆について >>