「ほっ」と。キャンペーン

親日嫌中


台湾の若者の「親日嫌中」が明らかに、調査で
「日本は友好的」「中国は非友好的」―SP華字紙

Record China 11月25日(金)11時35分配信

 2011年11月24日、台湾の若者にとって「最も友好的な国」は日本で、「最も非友好的な国」は中国であることが分かった。シンガポール華字紙・聯合早報が台湾紙・中国時報(電子版)の報道として伝えた。以下はその内容。
 台湾の社会福祉団体「金車教育基金会」が高校・大学生を対象に実施したアンケート調査で明らかになった。それによると、「台湾に最も非友好的」な国について、87.9%が「中国」と回答。反対に「台湾に最も友好的な国」では、56.1%が「日本」と答えた。台湾の若者の「親日嫌中」ぶりが浮き彫りとなった。
 歴史的な恨みから中国人はほぼ全員が「反日」だ。台湾も強権政治時代は反日教育が施され、中台は内戦状態にありながらも「日本への敵視」という点で一致していた。だが、台湾が民主化され、「台湾人意識」が強まってくると、日本への敵意は薄れ、彼らにとって日本人は良き友人へと変化していった。
 台湾の若者は日本を「最も友好的な国」だとしているが、実際に日本が台湾に対して友好的であるとは限らない。アンケート調査の結果は単に「台湾人の日本に対する友好」を示したものだ。台湾人の「親日」ぶりは今さらいうまでもない。東日本大震災で台湾の民間から贈られた義援金の額が世界最多だったことからもよく分かる。
 中台の日本に対する認識は全くの正反対だといえる。中国は台湾のこうした「敵と味方を取り違えた」行動を苦々しく思っているに違いない。だが、中台は「同文同種」の血縁関係にある。どんなに「台湾人意識」が強い人でも中国本土の人々に対する思いは特別なはずだ。
 それを証明するように四川大地震の時の台湾からの義援金もやはり世界最多だった。中台はいざとなったら兄弟のように助け合う関係なのである。だが、中国共産党は「血は水よりも濃い」を政治の道具にし、「統一」を促そうとしても反感を買うだけだ。こうした人心を得ない対台湾政策を早急に改めなければ、中台関係はますます疎遠になっていくだろう。(翻訳・編集/NN)

URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111125-00000013-rcdc-cn


 日本と「中国」(支那)は互いに漢字を用い、東亜細亜に於ける黄色人種であり、更には永年、儒教に慣れ親しんできた国である事から、「同文同種」であるとよく言われる。然し、実際には言語一つ採っても文法は全く異なり、文化と価値観には大きな隔たりがある。それに対し、「中国」と台湾は共に支那文化圏に属し、言語も公用語は北京語だ。詰まり、日本と「中国」の間柄よりも、余程「同文同種」であると言えよう。それにも関わらず、台湾人にとって最も友好的な国(国民)は何処か?と言う問いに対し、台湾の若者は「日本」と答えた。因みに、最も非友好的な国は「中国」、次点は韓国だったそうだ。

 経済面で中台接近がよく説かれるが、現実はそう簡単にはいかない。互いに言葉が通じない日本と台湾が国交を樹立し同盟関係を築く事はあっても、経済力・軍事力にものを言わせて「中国」が台湾に統一話(「統一」と言えば聞こえは良いが実際には「併合」)を持ちかけても、相手を「最も非友好的な国」と見做している台湾がそれに応じる事は現時点では先ずあり得ない。いや、たとえ政府がそれを強行しようとした所で、台湾人自身がそれを看過する事は無いだろう。

正に、「中国」の「骨折り損のくたびれ儲け」と言えるだろう。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2011-11-29 22:04 | Comments(1)  

Commented by ナポリタン at 2011-12-02 12:27 x
俺も中国が嫌いだ!!

<< 平成を振返る 税制抜本改革について >>