国の凋落について

 米国雑誌『TIME』を毎週読んでいると、自国の政治・経済に対する嘲笑・愚痴の羅列が、以前の日本の状況を想起させる。

 日本人は失われた20年と称して、大震災・津波・原発問題による危機の前には、凋落傾向に既に慣れてしまっていた。

 その傾向に慣れているのは日本人だけのように今は思われるが、欧州人も20年以上前には日本人よりも長期凋落傾向に慣れていた筈である。

 欧米の問題に客観的な関心を抱く己の心には、対岸の火事視するゆとりが残っているのだろう。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2011-09-25 21:15 | Comments(0)  

<< 日経記事について-6 弱者への寛容について >>