「ほっ」と。キャンペーン

大連立について

 谷垣氏は中曽根大勲位より期限付きの大連立を勧められた後、小泉氏の助言を受け、大連立に否定的な見方を示したという。

 大連立とは聞こえは良いけれども、所詮は政権延命と責任分散化の具に過ぎない。

 仙谷・岡田両氏の出番を待たずとも、与野党双方、本心からの救国の思いによるものでない限り、大連立の提案はすることも受けることもなく、現政権の枠内で今回の危機に立ち向かうべきである。

 復興に係る「算盤(そろばん)勘定」は専門家に任せるとして、今は二次被害・人災としての原発事故の早期落着を祈るしかない。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2011-04-06 20:38 | Comments(0)  

<< 東日本大震災について-18 統一地方選挙について-1 >>