来る年を迎えるに当たって

 平成22年も余す所4時間を切ったが、諸兄に於かれては如何(いか)なる年であったろうか。

 今年は昨年9月成立の鳩山内閣の迷走で幕を開け、6月の菅内閣の成立以後も、尖閣諸島沖漁船衝突事件や露国大統領の北方領土訪問事件等、近年稀(まれ)に見る程(ほど)、国威が失墜した一年であった。一方で景気は以前回復せず、巷間に活気が見られず、先行きへの不安に覆われた一年でもあった。然(しか)し、その一年もまもなく幕を閉じる。

 平成23年は干支で「辛卯(かのとう/しんぼう)」である。「辛(しん)」は「新」に通じ、植物が枯れて新たな世代が生まれようとする状態を指し、「卯(ぼう)」は「茂(ぼう)」に通じ、草木が地面を蔽(おお)う様を表しているとされる。詰まり、「辛卯」とは、古き植物が枯れて新たな草木が芽吹き、地面を蔽うが如く一新される様を表しているのである。

 これでもか、これでもかと言わんばかりに、「膿(うみ)」が噴出した平成22年であったが、一新される平成23年がまもなく幕を開ける。

 何事に於いても悲観してばかりでは良くなるものも良くならない。それは個人であっても、個人の集合体である国家であっても同じ事である。その意味に於いても、諸兄に於かれては気持ちも新たに、平成23年を迎えてもらいたいと思う次第である。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2010-12-31 20:39 | Comments(1)  

Commented by ロベルト・ジーコ・ロッシ at 2011-01-01 11:08 x
明けましておめでとうございます。
ロベルトです。
旧年中は、色々と大変お世話になりました。
2011年は、政治の年になります。
日本人と日本国家の自立元年に。
今年も宜しくお願いします。

<< 年頭所感 台湾の「職場代表字」について >>