羽田-松山空港線新設について

羽田空港と松山空港間の定期路線が来年新設され、1日8往復すると言う。これを聞いて、何を今更、両空港間には既に1日11往復の定期路線が開設されているでは無いかと思われる向きもある事だろう。だが、ここで言う「松山空港」は四国は愛媛の松山空港では無い。松山は松山でも、台北市松山區にある「台北松山空港」(臺北國際航空站)である。

c0058035_1402320.jpg

昨年の春節、私は古川氏と共に台北を訪れたが、その際に利用した航空路線は、成田-桃園空港(臺灣桃園國際航空站)であった。台北首都圏に隣接する桃園縣の桃園空港から台北市中心部迄、車で凡(およ)そ1時間。それに比べれば、松山空港は市内にあり、昨年宿泊した中山區の台北晶華酒店(Grand Formosa Regent Taipei)からもそれ程遠くは無い。利便性と言う点で考えれば、正に東京都心に対する羽田と成田程の違いがある。

次に台北を訪れる時には、成田-桃園では無く、羽田-松山を是非利用したいと思う。それと同様、日台両国間の結び付きも今以上に深まる事を望みたい。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

[PR]

by ayanokouji3 | 2009-02-21 14:03 | Comments(0)  

<< 二つの故宮について 現在の日本について >>